06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


10.28
Thursday
2010

やはり今日はいきなり12月の寒さだったそうです。思わず暖房を入れてしまいました。はぎのです。

こんな天候の悪い日に、いきなり母から電話が。
「今、近くにいるの。寄っていい?」

いいも悪いも、駄目って言えないでしょう。(^^;

おかーちゃん、こんなに寒くて雨も降っている日に、足腰悪いのに、何をしに外出してきたのさっ。とにかく「部屋が汚くても文句は言わないで」と念を押して、お湯を沸かし始めた私。

えーと。
原因は夫婦喧嘩だったそうです。
犬も喰わない理由なので、もう、喧嘩についてはどーでもいいや、ということで。
1時間位でしょうか?
お茶を飲んでお茶菓子を食べて、ひとしきり愚痴って。
落ち付いたのか、一息付いたら「他に食べるものは無いか」と聞かれて、今から作らないと無いと言ったらば、じゃ、家に帰って食べると言って帰って行きました。
ごめんよぅ。今朝は昨日の残りの焼き芋だったんだもん。お米を炊いてなかったのよぅ。

で、案の定部屋が片付いてないと小言を言われ。
いくら念を押しても、もう、条件反射のように言われてしまうのね、と、半ば諦めつつも。
やっぱりいわれた。

「あらまー、あんたデブ(猫)だねっ」

・・・(/_;)ちーたん、3キロちょいです。太っていません。
もー、何度言っても、何度実物を見ても、理解してくれない母。



「あたちふとっているんでちゅか?」

そんなことないよー、普通なんだよ?
ばーたんが、毛の長い猫にあんまり会う機会が無かっただけだよーっ。

そのあとも、相変わらず動物嫌いの癖に動物に好かれる私の母は、ちーたんに懐かれまくり。ダイニングの椅子に座ってお茶していたのですが、ずーっと母の足元に居て、にゃーん、なーん、と、母に何かを訴えるちーたん。足にすりすりしたり、膝にお手手をのせて立ってみたり。

「抱っこできないのよー」
「なぁに?あなた、ちょっとはダイエットしないと飼い主みたいになっちゃうわよ?」

なんて一応は返事をしている母。少しは慣れたかな?
でも、本当に太って無いんだよって、抱っこして細さをわからせようとしたら、触るのはNGみたいで、駄目でした。

「見ている分には可愛いんだけどねぇ・・・。体温があるからねぇ・・・。」

・・・。生きていますからっ。
ったく。体温があるから生き物が苦手っていうのはうちの母親位なんじゃないでしょうかねっ。



「ばーたんともっとあちょびたかったでちゅ・・・」

うん、残念だったね・・・。きっとまた次の機会があるよ。
今度こそ、デブ疑惑晴らそうね。

今日は夢子パパも寄ってくれたし、楽しい一日だったよね?

・・・っていうか、今日はおかーたんも一日いたじゃん!!
ちーたん、おかーたんにも懐いてよっ!!!(号泣)

そんなこんなの一日でした。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


某モンブランな味のぺぷしは・・・あたしの口には合いませんでした(涙)。


09.03
Friday
2010

今月は仕事のお休みが不規則になりそうなはぎのです。
あぁ、先月が今月のようなスケジュールだったらどんなに楽だったか。
(先月は妙に仕事がごたごたしていて出かけることが多かった。)

そんなわけで、今日は前々から約束していた、母のお買いもののおともをしてきました。
新宿に行きたいという母に、私と義姉がお供。
折しも、新宿に数ある百貨店のうち、3店舗で北海道展が開催されていたもので、母の要望もあり、3店舗のうち、某2店舗の百貨店をハシゴしました。

疲れたけど楽しかった。

意外と・・・でもないんですけど、義姉と母が割と仲良しなので、義姉に母をお願いして私は荷物持ちに徹しておりまして。
昼ご飯は母の希望の店で。休憩のお茶は私の希望のお店で。
お土産のデパ地下グルメは義姉の希望のお店のものを購入して。

んで、3人ともそれぞれお互いの服を見立てたりしながら購入。(※実は私は服を買うのに待たれているのがとてもいやなので、大抵一人で買いに行きます。今日も本当は何も買わないつもりだったんですけれども、たまたま通りすがりに見掛けた服に一目惚れ。お値段もかーなーりー、プライスダウン。母と義姉にも好評だったので、即買いしましたー。)

北海道展は列が多かったので、前もってチラシで欲しいものをチェックしていたものを、母を休憩所に置いて義姉と私で分かれて列に並んだり(笑)。



でも、私の収穫はこんなものだったりして(笑)。
なんか、気づいたら、母や義姉のものばかり並んで代わりに買っていましたよ(笑)。



なんだろーなー。
義姉と私だけとか、母と義姉だけとか、母と私だけとか、そう言うのよりも3人の方が楽しかったのです。義姉と母も、私ほどかどうかは分からないけど、今日は楽しかったねーって言って、

「今度から月に一度はこういう風に三人で出かけようよ」

なんて母が言いだす位。

何も買わなくてもいい、ウィンドウショッピングして、一緒にご飯を食べるだけでもいいじゃない?って・・・。

それ位楽しかったのです。

私と母は、そりゃ付き合いが長いですから仲はいいんですが、仲がいいだけに遠慮が無くて、ものすごい喧嘩になることがあります。本気で喧嘩をすると、本当は母の身体を気遣わなくちゃいけないのに、それにすらもイラつく位・・・。(出来の悪い娘ですんません。)
義姉と母は、結構思ったことを母がぽんぽん言うので、私の方がハラハラしてしまって、義姉に気を遣ってしまうことがあるんですけど、そんな気遣いは余計なお世話、みたいな。でも、気遣ってくれてありがとうね、という感じで。
で、義姉と私は・・・母と義姉ほどではないけれども、それなり。
義姉の実の妹さんほどではないけれども、それなり。・・・だったのですが、母の存在もあってか、今日はいつもより近く感じました。

嬉しいなぁ。
友達少ないので(自爆)、義姉や母と仲良くできるのはとても嬉しいのです。



「あたちも仲良くちたいでちゅ。」

ごめんねぇ、ちーたん、うちのおかんもお義姉さんも好きだよねー。
でも別に暮らしているからさぁ。それにおかんのほうは、ちーたんのこと苦手だもんなぁ。そうでなければ連れて行ってあげたいけどね。まぁ、あたしとあたしの数少ない友達で我慢してくれや。(^^;



そんな感じの楽しい一日を過ごしたのですが。

服をお互い選んでいて「こいつはあかん!」と思ったことが。

義姉はとても小さくて細い人でした。えぇ、過去形なのです。
私と身長差が10センチ以上あるのは今でも変わっていないのですが・・・体重がどんどん近付いてきてしまいまして(爆)、我が家に嫁いできた頃の体重から考えると、現在、1.5倍以上2倍未満とか。(正確な数字は流石に教えてくれなかったです。)

我が家の色にすっかり染まってしまって、肥えた義姉。

今日も試着してちょっと大きめかな〜、今度やせる予定なんだけど〜と、つぶやく義姉に

「大丈夫、やせたら(その服)もらってあげるから(笑)」

と、にこやかに声をかける私。

「お前もやせなさい」

と、母に怒られる私に、

「お義母さんがやせたぶん、私にお肉がうつったんですよ〜。お義母さんは、少し太らないと〜」(※母は手術後、かなりやせてしまいました。元気ですけど。やせても充分な体重だって言われるほど現在もそれなりの体重ですが、やせてしまったので。)

と、フォロー(?)してくれる義姉。


なんつーか、兄しかいなかった私は姉妹というものにとても憧れがあって、現在その憧れに近い状態で嬉しかったりもするんですが、そんな、無理に服の貸し借りとかが出来る体型にならないでいただいても良かったのに、と、少し思ってしまったのでした(苦笑)。

どうせなら身長も育ってくれ、お義姉さん!!と、思った一日でした。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


ちなみに、私の靴のサイズは24.5。義姉は22.5です。
身長差、想像つきました??


08.29
Sunday
2010

今日もちーたんのシャンプーは出来ず。
1時間でかえってくるはずの実家に半日以上行っていたはぎのです。

お昼は両親のところで食べてー。
夕飯は兄夫婦と甥っ子と一緒に外食してきましたーっ。

おやつは両親のところでトウモロコシと西瓜(爆)。
兄夫婦のところで珈琲フロート。

お土産は、両親のところで梨。(8個入り)
兄夫婦のところで義姉が使わないというハンドソープと入浴剤と、スカート。(義姉が通販したらしいんですけど、大きすぎたらしいです。義姉とはとてもサイズが違うのですが、ウエストゴムだったんで、なんとかなってしまいました。苦笑。)


で、代わりに、両親のところでパソコンの設定がおかしくなったのを直して、留守電が溜まっていたのを消して。兄夫婦のところでは、取り寄せを頼まれていた本を届け、ネットでの探し物を手伝い、ついでにドコモショップに同行して、甥っ子の携帯(とうとう持つことになったらしい……。)の購入アドバイスと、甥っ子に簡単な操作を教えてきました。


今回は、両親と兄夫婦との両方で用件があったので、片方が片方の用事をしている間待つのがいやだったようで、ばらばらに行動していましたけど。二世帯住宅の実家。私が足を運んだ時には割と両親と兄夫婦と甥っ子と、全員で一緒に過ごすことが多いです。
両親は兄夫婦に対し、兄夫婦は両親に対し、それぞれ何も不満がないわけではないけれども、はたから見ているととても不満と言えるほどのものではないし、結構うまくやっているような気がします。

私が一人暮らしを始めたきっかけは兄の結婚→甥っ子の出生→兄夫婦と両親の同居、だったのですが、こうやってうまくやっている様子を見ていると、良かったと思います。私もちーたんと暮らせていますしね。(^-^) ※母は動物が苦手なので、実家では動物とは暮らせないのです。水槽で飼えるものでないと、駄目なのです。



文章ばかりでつまらないので、昨日伺った猫カフェスタッフさんの写真。
確かメインクーンの「助さん」(笑)。名前が可愛くて、ついつい、沢山呼びかけてしまいました。可愛かった。メインクーンってもっともふもふしているイメージあったけど、夏だったせいか、結構あっさめに感じました。gomaっちにはうちのちーたんが毛深過ぎる位毛深いからそう感じるんだよっ、と言われたけど。




私は兄と二人兄妹。義姉は三人姉妹の長女。
最初、義姉から見た私と兄の関係はとてもクールに感じられたらしく、「仲が悪いの?」って心配されたこともありました。最近は慣れてきてくれたようで(笑)。一応世間並みの兄妹だと思ってくれているようです(笑)。

そんな私たちは、来週、母と義姉と私の3人でお買物の約束をし。
兄とは偶然明日仕事の場所が近いので、昼ごはんを明日もおごってもらう約束をしてきました(笑)。らっきーv


そして携帯をゲットした甥っ子からは、先ほどまでひっきりなしにメールが来ていました(苦笑)。
料金プランを検討している時に、通話料金は上限が来たらそれ以上発信できない(緊急番号は除く)プランにしてしまったし、キッズフィルターっていうんですか?アクセスできるところも制限してしまったけれども、結構楽しんでいるようです。
中学生位までは甥っ子とも仲良くできといいなぁ。
男の子だから、そんなに長く懐いていてくれないとは思いますけどね(苦笑)。

いつまでも、こんな関係でいられたらいいなーと、ささやかな幸せを感じた一日でした。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


07.23
Friday
2010

アップが遅くなりましたけれども、今月の月初のほうで実家に行った時に撮ってきました。
父が管理している甥っ子の水槽です(苦笑)。




ミドリガメ。

私が近くに立っただけで、お水の中に逃げてじょぼじょぼいっていたので、全然綺麗にとれませんでした。携帯で撮ったからっていうのもあるけど。
普段お世話していれば、逆に近づくと寄ってくるもんなんですけどねー。(マジです。私が実家に居た頃の子は、私が寄って行くとご飯をねだったものです。可愛かったですよー。)
ま、初対面だから仕方ない。
兄貴のガメラ好きのせいか、幼少時から何故か亀との付き合いが長い我が家。
甥っ子にも引き継がれておりまする。




謎の魚。

金魚の大きくなったものと思われます。
何年か前に、ずっと飼っていた縁日の金魚が死んでしまった後、やっぱり寂しくて、甥っ子がどこかからもってきたようです。トラウマになっているのか、お世話をしているのは、何故かおじーちゃん(苦笑)。それにしても割とでかかったです。女の人の手のひらにギリギリおさまる位の大きさでした。小さめの水槽とはいえ、一つの水槽に一匹っていうのはちょっと寂しそうかなぁ。メダカと一緒にすればいいのに、と、ぼやいていたら、メダカが喰われるから嫌だと父が主張しておりました。




メダカと思いきや、グッピーらしきもの。

そこまでメダカを飼うのが嫌なのか、甥っ子よ。
メダカかと思ったら、グッピーだそうです。もともと水槽一つ分だけいたのは知っていたのですが、いつのまにか甥っ子のもの扱いになっておりました。

そして先日。
甥っ子が新入りを実家に持ち込んだそうで。
種類はよく分かりませんが、小さい蟹2匹だそーです。(^^;
これもお祭りか何かで釣ったそうな・・・。
どの水槽とも同居させられないので、しぶしぶ父がメダカ用の水槽を提供したらしいです・・・。(つか、どんだけ水槽もってんだ、親父・・・。どんだけメダカ貯めてんだ、親父・・・。)

そんなわけで合計4つの水槽が、甥っ子のペット(?)となっております。
甥っ子のお仕事はご飯をあげるだけ。水槽管理は父がやっておりまする。(^^;


・・・なんか、もー、兄貴の小さい頃を繰り返しているかのような動物の増えっぷり。
私の記憶が確かならば、ドジョウとおたまじゃくしも過去にいたような・・・。

水槽のものなら、じーちゃん、文句いいつつも、絶対面倒みてくれますからねぇ。
ちゃんと最後まで面倒みさせた方がいいとは思うんですけどねぇ・・・。

☆おまけ☆



町で見かけた猫。

仲良しさんでした。野良さんっぽかったけど、こうしてみるとお顔が小さいなぁ。女の子なのかな?それとも去勢済みの男の子なのかなー・・・とか、ちょっと思ったりしました。
うまいこと地域猫さんならいいんだけどなぁ。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


それにしても、お祭りとかで未だにこんなに生き物が手に入るってどういうこと?って思ってしまいます。金魚すくいとか、亀すくいとか・・・。蟹釣りまであるとは思いませんでしたよっ。・・・その後飼っているおうちがどれくらいあるのか、とても疑問です・・・。(-_-;)


07.13
Tuesday
2010

「おかーたん食べすぎでちゅ」



あ、いや、その話題は前の記事で書いたから(苦笑)。

ちーたん、ぶれぶれの写真しかとれなくてごめんね。
暑さもものとせず、はっちゃけて遊ぶからさー。なかなか写真がとれないのよね。(と、言い訳してみる。)

さておき。

先日、実家に呼ばれて行ったらば、亀が増えていました。

数ある水槽の中の一つが水位が低いので、あれ?と、思ったら、中にはミドリ亀が……。甥っ子がお祭りの出店でとってきたそうです。もなかの皮みたいなのですくうんですと。ええのか?そんな遊びがあってええのか!!?金魚すくいですら、最近はスーパーボールに代わっていると思ったのに!!

それはともかく、とってきてしまった以上、ちゃんと飼わないとなりません。
水槽はうちの父の趣味で沢山あるので、これ以上買う事はせず。
 「稚魚用の水槽が足りない・・・」
と、父がぼやいていましたけれども、母がこれ以上水槽を増やすことは許さず。
かといって、父の趣味のメダカと亀を同居させるのも不可能なので、亀さん用に水槽を一つあけたようです。

でも、水槽だけあればいいっていうもんでもないので、私も駆り出されて、甥っ子とじじばば(私の両親)と一緒にペットショップへ買い物に行ってまいりました。

「なんで、パパやママじゃなくてはぎのがきてんのさ。」

と、甥っ子。
ごもっとも。アタシの方が聞きたいよ。
実家にあまり寄りつかない私にじーちゃんとばーちゃんがしびれをきらしたんだと思うけど。でも、やっぱりあんたの親が来るのが筋だよなぁ?変なの。

とりあえず、私と甥っ子で亀のご飯と、水槽の中で甲羅干しできるように人口の島みたいなのを選んで・・・いたら、その間にじーちゃんは、めだかのための水草と稚魚用のちっちゃい箱みたいなのを店員さんに選んでもらって、既にレジで待機。
まだサーモスタットなどが必要な時期でも無いので、とりあえず、必要最低限あればいいかと、慌てて会計を一緒に済ませたところでばーちゃんの姿がないことに気づき。
じーちゃんに尋ねたら、じーちゃんがめだか用品を買い足そうとした時点で怒って店を出ちゃったとのことで、慌てて探して合流したり。

もー、てんやわんや。(-_-;)

こっそりちーたんのおもちゃでも買えそうなら会計の時に紛れ込ませてやれ、と、思ったけど、とてもとてもそんな暇は無かったのでした。


メダカをこよなく愛し、水槽を増やしては母に叱られ続ける父。
生き物は全般的に嫌い。なんてったって体温があるからねっ。と言い切り、樹木をこよなく愛する母。
実家では大型犬を昔飼っていたけど、虫や金魚は苦手です〜、の、義姉。
どっちかっていうと犬派だけど、やっぱり最強なのはガメラだぜ!亀好きの血はこいつか!?の兄。

・・・そんな実家なのですが、ちゃんと最後まで面倒をみるのは、やっぱり母と義姉だったりします。

メダカは増えちゃうと人にあげちゃうし、亀は育てても、大きくなりすぎると飼いきれなくなって、挙句に田舎に預けちゃうし。(預けられた田舎のばーちゃんも迷惑だったんじゃないかと推測したり。まぁ、あんまり構ってなかったみたいだけど。)

甥っ子には、ちゃんと生き物の命を最期まで見守れるように育って欲しいと思う叔母心なのでした。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


甥っ子にちゃんと面倒みさせなさいよ?と、親父に説教を垂れていたら、
「お前は猫にばかり貢いでないで男に貢ぐ位の甲斐性を見せろ」
と、反撃にあってしまいましたとさ。しくしく。


11.18
Wednesday
2009

あたたたたた。
今月は全くブログ更新駄目駄目です。すみません、はぎのです。

実を言えば、母が入院しております。
命に別条はありません、ご安心ください。

ヘルニアの手術を受けたのです。

やっぱり背中からメスを入れて背骨をいじるわけですから、身内としては心配で。しかも、紹介された病院がちょびっと家から遠い上に面会時間が短い!
仕事が終わったらダッシュで病院に向かい、様子を見て帰宅と言う日々を過ごしていました。
まぁ、面会時間が短い(面会時間が19時までで、19時には追い出されてしまうのです。手術当日は消灯の21時直前まで居させてもらえたけど。)ので、早くちーたんのもとに帰れるのが救いなのですが……。

でも、連日帰りが遅いとやっぱり嫌だよねぇ?
ごめんね、ちーたん。



先日、仕事が午前で終わりの時だったかな。タワーの一番上でおやすみ中のちーたん。片足が落ちていますよ?それで安心して寝ちゃっていいんですか?落ちちゃったらどうするのさ。(笑)

なんだか可愛い寝方で笑っちゃいました。

まだちょっと退院には時間がかかりそうですが、大分元気になってきて、身内以外のお見舞いの人と話す気力も出てきたし、自分で電話をかけてくる気力もでてきたので、毎日は通っていません。こっそり携帯でメールもしてきたりします。あれが欲しい、これを持ってこい、ってね(笑)。

今日も病院には行かず、電話で話しました。

珍しく泣きごとが少し混じりました。

手術してもう1週間過ぎるのに、まだ傷口が痛い。抜糸予定があと1週間も先だなんて。本当に大丈夫なんだろうか。

……という感じ。

つい、

「ちーたんたち猫だって、腹を切ったら抜糸には一週間はかかるよ!おかーさん、もうばばぁなんだからもっと時間かかるにきまってるじゃん!二週間ぐらい我慢しなさいよ!」

と、ちーたんを引き合いに出す私(苦笑)。

「なんで猫が腹を切ったのさ。なんか怪我させたの?」

と、驚く母。

「いや、避妊手術。卵巣と子宮取っちゃったんだよね……」

と、説明する私。

「だからぶくぶく太ったのね!?あの猫っ!!」

違うってば!いや、ホルモンのバランスで太りやすくはなるけど……」

「本当に飼い主に似て太って、まぁ〜。あんなに太らせたら身体に悪いだろうに。可哀想に。」

「ちっがーう!!!ちーたん、太ってないもん!!!」


……今度病院に行くときに、絶対ちーたんのシャンプーのときの写真を持っていこうと心に誓いましたとも。待ってろよ、かーちゃん、絶対、ちーたんの無実を証明してみせるからなっ!!

なんだか、ちーたんを引き合いに出したら、あらぬ疑いがまた浮上してしまいましたけれども、とりあえず元気になったようなので、よしとするしかありませぬ……。ちーたん、すまん。

今度の連休には友達が見舞いに押し寄せてくるというし。母は大丈夫でしょう。

事情を知っていた友人のみんな、ありがとう!
大丈夫だよ〜〜〜。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


人間、身体が資本。しみじみと実感しているここ最近なのでした。


10.22
Thursday
2009

 はぎのです、生きています。
今日はとても衝撃的なことがあって、ひっくりかえりそうになりました。

生の私とここ最近交友のあった友人たちよ、びびるがよい。

甥っ子、新型だったそうです。

・・・しかも過去形。
・・・しかももう本人は治ってやがる。

一人だけ免疫つけやがって(号泣)。

たいした熱も無く、しんどさもないまま、普通の風邪かなぁ?程度でお医者様に行ったらば、新型と判明。具合が良くても学校に行ってはならないと言われて、自宅でずっと漫画を読んでいたそうです。

同居の私の両親(甥っ子のじーちゃんばーちゃん)ですら、治ってから知ったのだそうです。

言うだろう!?普通??
勘弁してくれよ、にーちゃん夫婦よぅ(涙)。

アタシ、甥っ子が感染していたと思われる期間に実家に行ってるんですけどっ。
甥っ子には確かに会わなかったよ。学校を休んでいることすら知らなかったよ。
だって、用事があったのはおかんだったからさー。

いやー、そんなに神経質にならなくてもいいのかもしれませんけどねぇ・・・同居家族ってわけじゃなし。でも、知っていたら実家に行かなかったよ・・・。

そんなわけで、潜伏期間がどれくらいあったのかわかりませんが、ここ一月はもしかしたら、ウイルスの運び屋をやっていたかもしれません、私。無自覚で。すみません・・・。

そんな事実を知って怒りまくっていた今日の私。
私よりも状況が切実だった母になだめられておりました。

「流石に親も、いくら元気でも学校に行くなととめていたみたいだから」、となだめられましたが、おかーさん、それ、当然だからっ迷惑だからっモラルの問題だからっ


あぁ、もう、厄介な病が流行したもんです。
とりあえず私は通常の季節インフルの予防接種を近いうちに受ける予定です。
皆さんもどこにウイルスがいるか分かりません。
どうかご用心下さい・・・。