06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


06.12
Thursday
2014

※ネタバレ含みますのでご注意ください。
 
誰に言われたのか忘れたけど、最初は
「ちーたんってラスカルに似てるよね」
だったと思うのです。ラスカルに関心が向いたきっかけ。
多分、LINEのスタンプか何かであらいぐまラスカルのやつがあったから、LINEで交流あるひとかなぁ?

で、確かにラスカルの画像可愛いな〜なんて思ってたら某所で無料レンタル見つけまして。第一話を改めて見てみました。
ずっと小さい時にアニメを見た記憶はあるんですけどストーリーまでは覚えてなかったんですよ。

そしたら、なんだかラスカルに対する認識が(というか、あらいぐまに対する認識じゃなくて、あの物語に対する認識が)びっくりするほど変わってしまいました。(^_^;)


先ず驚いたのが、
「ラスカルのお母さん、帽子にするために殺されたのか・・・」
で、もやもやっとしたのが、
「つーか、ラスカルのお母さんがあんなふうに銃殺されたのって、主人公のスターリングのせいじゃね?」
でした。

最初の方でこの状態だったのであとはあらすじ調べてしまって結局ろくに見てないんですけど(だって52話もあるんですよ!?)要するに第一話でスターリング少年がラスカルの母親の犠牲を伴いつつもラスカルをゲット!それから52話かけて乳飲み子のラスカルを育てつつ、一緒に過ごし、一年後に野生に戻すまでを描いたアニメみたいです。

幼いころは多分、何も疑問を抱かずに、ラスカル可愛いって思って見ていたのかもしれませんが、大人になってみてみると結構もにょります。
先ずラスカルを手に入れた時も前述の通り。
お前がラスカルとラスカルの母親がいた巣を掘って荒らさなければ、母アライグマが怒って木の上で威嚇することもなく、大人に見つかって射殺されることもなかったのではないか、と。
逆に、帽子にされるのは可哀想だけど、時代背景とか考えると害獣だと言われているアライグマを帽子にして生計の足しにするのも仕方ないんじゃ、と思ってしまいました。大人になったからですかねぇ?冷めたからですかねぇ?

あとこのスターリング少年。動物好きと言えば聞こえがいいけど、カラスに餌付けしたりスカンクを飼っていたり、家の中に出入り自由にしていたり。それらの動物が原因で結局はご近所トラブルになって、森に捨てたり(・・・)しちゃうらしいんですけど。ま、ラスカルも結局はその流れに巻き込まれたというか。

お母さんが病で亡くなったりお父さんの事業が失敗したりと可哀想なドラマもあるんですけれども。
引っ越さなくてはならないから、結局一年間人間になつかせるだけなつかせて、中途半端に可愛がったのに、「野生に帰れ」と、捨てるのがどーにも納得がいかなくて。

時代が時代だし、とか、納得せざるを得ないことは確かにあるんだけど。
子供向けのアニメなのに、いいのかなーとか、もにょってしまったのです。
責任取れないのに野生の動物に手を出しちゃいけないと思うのですよ。

小さいころに見たアニメや漫画、絵本や小説。大人になってまた見てみるといろいろと違う面が見えて面白いとはいうけれども、これは大人になって見てみてもにょった代表的なアニメになってしまいました。(^_^;)

ラスカルの絵柄とかは確かに可愛いんですけどね(苦笑)。
 


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 23:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks