06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


09.02
Monday
2013

 今日は在宅業務の日・・・という名目のさぼりの日のはずだったのですが、母からの電話でばたばたした一日に一転してしまいました。(^_^;)

 
 

 朝食を済ませてのんびり歯磨きしていたらば、携帯が鳴って、見たら母の携帯から。
 
 歯ブラシ持ったまま電話をとったらば、いきなり

「すぐに来て!あんたんちの近くの×××の辺りにいるから!」

 と、耳元で怒鳴られました。

 
  

 話を聞いたらば、父と母とで恒例の朝の散歩(夏場は暑いので8時台とかに散歩しているみたいです。)をしていたらば、父がうっかりお財布を落としてしまったとのこと。それに気づいたのがたまたまわたしのうちの近くだったので電話してきたこと。無くしたお財布の中にはたいしたものは入ってなかったのだけど、うっかりクレジットカードが入っていたということ。

さっさとカード止めんかいっ!!

けど止め方わかんない〜ってので呼ばれたみたいです。

とにかく急いで来いと言われ、お財布探しているとか意味不明だったけど、日焼け止めも塗らずに駆け付けた私が真っ先にしたのは、クレジットカードの会社の紛失連絡先をスマフォで探し、連絡することでした。

そのあと、とりあえず交番が近かったので交番まで両親を連れて行き、落し物の届け出を出して。

両親の散歩コースを逆行しながら、一緒に実家まで歩いて、道にお財布が落ちてないか探しました・・・。
その頃にはもう当然お天気で。
日焼け止めも塗ってないし帽子も日傘もない。

ソーラーの腕時計が止まるような生活しているのにこんなに日光にあたるなんて、どんな仕打ち!?

そんなことを思いつつ実家へ向かい、あー、やっぱりなかったなぁ・・・。

なんて言いつつ実家の玄関を開けたらば父が、

「あった。」


・・・は?

父の指差した先には、玄関の三和土っていうんですか?
そこに落ちていた黒い財布。見慣れた父のお財布でした・・・。

とーちゃん、とーちゃんも自宅で財布を発見して交番に迷惑かけたんかい。
私がお財布を無くしたエピソードは過去ログでどうぞ


 父娘そろって同じ交番に似たようなことでご迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。一応税金関係は滞納してないので許してください・・・。

 

 実家であわてて私が交番に連絡して発見した旨を伝え、平謝りに誤っている間に冷房をかける父。ちったぁ、反省せんかいっ!!

 

 そうして落ち着いた時点でもうお昼でしてね?
 お財布もあったし、良かった良かった。折角だからお昼ご飯食べていきなさい。えぇ、いただきますとも、遠慮なんかしませんことよ?
 ついでにトースト(お昼ご飯はトーストとカフェオレだけでした)焼いている間にこれとこれが調子悪いからみてちょーだい、なんて家電のチェックさせられて。(なんかボタン押し間違えただけみたいで設定直したらすぐ直った。)

 
 

 ひと段落ついたので、じゃぁ、意味なくいても仕方ないからかえって仕事するわ〜、といった私に、両親が、お詫びを兼ねて小玉西瓜2個、くれました。

 
 
 

 もちろんもらって帰ったのですけれども、お財布探しながら実家に来た私は当然徒歩。帰りも徒歩でございます。いえ、徒歩なのはいいんですけれどもね?
 小玉といえども流石に西瓜2個は重くって。
 しかも実家からの帰り道なのに思い切り迷いまくりまして。(普段実家に行くときは自転車なんで多少迷ってもどうこうないんですけどね。たまたま近道が工事中で通行止めでして、迂回路を間違えて迷ったんですよ。炎天下に!)

 
 おうちに着くころには腕がもげそうでした(涙)。

 
 

 朝から両親に落ち合うまでは走ったし、その後も歩いたし。帰りも小玉西瓜2個持って歩いたし。迷ったし。日焼け止めしてなかったし、帽子も日傘もなかったし。


 いやはや、両親に振り回された一日でございました。(-_-;)

 
 
 せっかくもらった西瓜は冷してあります。
 明日にでも食べようと思います。


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 21:53
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks