06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


01.08
Tuesday
2013

 あけました。2013年もどうぞよろしくお願いします。

・・・というか、もう既に皆さま日常ですよね。今年はすっかりお正月からブログをさぼってしまいました。もうちょっとまじめに更新しないといけませんね。

さて、本日は本年初のシャンプーを決行しました。
冬場はやっぱり温度が心配で。極力昼間に。極力寒くしないように。極力しっかり乾かすように。極力獣医さんがお休みのときを避けるように。などなど、色々気を付けてシャンプーします。そのせいもあってか、ちょっぴり長丁場だったかもしれません。(我が家比)

シャンプー中はとてもとても写真撮影できませんし(防水のカメラありませーん)ドライヤーの時もちゃんとは撮影できなかったのですが。携帯で時折撮影したブレブレのものでよろしければ、ちーたんの濡れ姿の変遷をお楽しみ下さい。(*_*)



「許さないでちゅ。またしてもあたちをこんな目にあわせたでちゅね!」


ドライヤーの時は洗濯機の上が定位置です。
本当は嫌なんだけど。まぁ、色々気を付けながら、頑張っております。



「さっさとぶおーん(ドライヤー)済ますでちゅ!」

ドライヤー自体はそんなに怖がりません。音も平気です。
でも、風は不快みたいで、特に暖かい風は暑いみたいです。



「ぶつぶつ・・・」


自分でもせっせと舐めてお手入れしています。
私は一歩離れたところからドライヤーで温風をちーたんに向けています。



「飽きたでちゅ。休憩でちゅ。」


飽きると洗濯機の上から降りてきますが、まだまだ解放してあげられる状態ではありません。生乾き以前の状態ですから。



「あたちのいうことがきけないんでちゅね?」

す、すごんでもダメです。誰が見てもまだ乾いていません。



「もうあちょんであげまちぇん・・・」

うっ・・・。でもおなかだけでもちゃんと乾かさないと。
生乾きだと毛玉になりやすいからしっかり乾かしたいというのもあるけれども、一番怖いのは、隠れたところが乾いてなくて、心臓発作などを起こされることです。
全身毛皮のちーたん、濡れたままでは解放できないのです。




「続きは別のところでぶおーんするでちゅ」

洗濯機に上ったり下りたりがこのあたりから多くなり。



「お外でたいでちゅー」

脱衣所に閉じ込めているので、脱衣所のドアから外にでたそうにします。
あんまりしつこく乾かしていると、実はドアノブに飛びついたりしだします(笑)。でも、これくらいの時点ではそれをやっても解放されないと本猫もわかっているので見てるだけ。



「あっちがダメならこっちは・・・!あたちがじゃぶじゃぶされたとこでちた!!!」

飽きたのか、お風呂場の方までのぞきに行ってしまうちーたん(笑)。
流石にシャンプーの直後は探検しに行く気はなさそうです。


で、最初の写真と比べて、それでもだいぶ水気が減ってきているのがわかりますでしょうか?
この後はまずは手櫛でなでなでしながらドライヤー。
その次には櫛を通しながらドライヤー・・・しますが、いまだにお尻から後ろ脚にかけてのラインはおとなしく櫛を通させてくれないので、離れたところからぶおーんだけです。

片手に櫛、片手にドライヤーなので当然写真はありません。(^_^;)

ここまでドライヤーだけで1時間強。
脳みそ小っちゃいくせに変なところで小賢しいちーたんは、そろそろ私が妥協するだろう時を見逃しません。愛らしく鳴いて、ドアをかりかり。

とりあえず休憩。
暖房をきかせた部屋に開放するとご飯処の前で待機しているちーたん(苦笑)。
ぬるめのお水と、ご褒美の猫缶を準備して。
満足するまで堪能してもらうと、後は自分からまた洗濯機の上に戻るので、その時をねらってまたぶおーんして、完了です。
※洗濯機の上に戻らない時には強制ぶおーんですが。やはり生乾きは本猫も気持ち悪いのか、さほど嫌がりません。

そんなこんなで正味2時間強位でしょうか?
途中休憩が入るので3時間位かかってしまうちーたんのシャンプー。

ちーたんにはかわいそうだけど、実はおかーたんはとっても好き(笑)。
お手入れも大事な、大好きなスキンシップの一部ですからね。

獣医さんにも肌質毛質の関係でこまめにケアしてあげてくださいと言われているので堂々とシャンプーできるのが嬉しいのでありました。

はっ、長くなってしまった。
写真多くてごめんなさい!
オチがないけど終わる。


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 23:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks