06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


03.20
Tuesday
2012

年度末でばたばたしがちな3月。
社会人的には12月より忙しい気がします。いや、これは業種にもよるか?

【3.11】には、やはりいろいろ考えたりもしたし。去年の記憶がよみがえったりもしました。
タイムリーにと言うべきか、大きめの地震が続いたりもして、改めて怖くなったり。いつ何が起こるか、わからないもんだなぁ、と、しみじみ思いました。

某芸能人さん(元?)の訃報の報道の折には、ちゃんと近所付き合いもしていて、翌日に発見されても「孤独死」と言われてしまうのか!と、思ったり(苦笑)。

いや、私、丸一日以上だれとも連絡をとらないこともあるので、ちょっとやばいな、なんて内心思ったりもしましたよ。なので、某所で一日何にもつぶやかなかったら、「元気?」って聞いてね、某所をご存じの友人の皆さん(苦笑)。



「あたちの近くには毎日いるでちゅ。ちょっとうざいでちゅ。」

・・・ごめん(涙)。
いや、一泊位どっかに行ってもとも思うのだけどね。ぐすん。


そんな一連の事があったある日、友人夢子さんと会話していて。
ちーたんが一番心配って言われて。
あってはならないことだけど、私がごはんをあげられない状況になってしまってちーたんが飢えても困るのはもちろん、その後。私に何かあった場合、ちーたんの存在をちゅうぶらりんにするわけにもいかないので、ちゃんとしておけという話になって。

最近ちーたんとの距離が急接近している両親ですが、改めて聞いたところ、年だし、ずっと一緒に暮らすのはどうだろう?お兄ちゃんのところに結局は行くことになっちゃうんじゃない?……というような反応だったので。

「お願いだから夢子さんに全部任せてちょーだいっ」

と、宣言しておきました。いや、gomaさんでもいいんですけど。
お二人でちーたんのその後をこの間話した感じでよろしくーっ。
兄貴夫婦にも今月末にでも話しておくし〜。両親は快諾でした。

ちなみに、夢子さんとgomaさんじゃ、うちの両親わかんないと思うから、ちゃんと本名で伝えておいたから(笑)。勤務先の会社名と本名言えばわかると思うので〜。親か兄夫婦か甥っ子か。まぁ、よろしくなのです。

どーしても実家で飼ってほしくないわけじゃないけれども、実家の人たちはサザエさんちのタマの姿が理想の飼い猫だと思っている人たちだから。最初からそういう飼い方をしていたらまた違うのかもしれないけれども、少なくともちーたんは完全室内飼いの箱入り娘なので。やっぱり状況を一番わかってくれている友人たちに託したいと思うわけです。

勿論、私自身が一緒に一生暮らして、ちーたんを看取るのが責任だと思っています。
思っていますけれども、「絶対」が無いとは言い切れないので、ちょっと不本意な予防線?保険?ということで。お願いします。



毛深くてあまり見えないちーたんの肉球。
あぁ、愛しい。

ずっとずっと、一緒に暮らしていきたいね。

あたりまえのことだけど。
あたりまえのことがあたりまえのままに感じていられる、そんな日々は、とても幸せなのかもしれないね。


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 18:12
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks