06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


03.13
Sunday
2011

呆然としたまま、日曜になってしまいました。はぎのです。

私は比較的東京都に近い神奈川県民ですが、川には近いけど海にはそれほど近くないので、地震の揺れの被害だけで済みました。それも、棚からモノが落ちたりした程度。

体感の揺れは凄かったですけどね。
とにかく長くて。

最初の地震の時は、自宅から徒歩圏内の比較的大きな建物の中に居ました。

実を言うと、都内の、都心の方で仕事の予定だったのですが、予定が変わって自宅周辺に居たのです。
危うく帰宅難民になるところでした。

実際、都内に居た夢子さんが帰宅難民になり、夜中の2時ころ、なんとか我が家に到着。我が家で仮眠してから自宅に帰って行きました。Gさんは帰れなくて会社に泊まってたし。

自宅の近くに居られてよかったです。
ちーたんが心配でなりませんでした。

ちーたんは・・・
なんというのでしょう、不思議でならないのですが、結構大丈夫です。
すごく心配して、必死に動いてないエレベーターを尻目に階段駆け上って帰宅したのですが、予定よりも早く帰宅した私を迎えてくれたのは、定位置で寝ていたらしき、あくびをするちーたんでした。(^_^;)

その後余震も結構あるんですけどね。私が起きてもちーたん寝ていたり。
なんだか完全に野性を失っていますよ、この子。

なるべく近くに居ようとか、いざというときのための準備とか、頭がぐるぐるしている私に「トイレ片づけてーっ」「おいちいごはんはー?」みたいな主張をするちーたん。
夜中にやっとの思いで我が家に到着し、仮眠をとっていた夢子さんにおなかをなでろ、遊べとせがむちーたん。
夢子さんと苦笑いしましたよ。(^_^;)

ちーたんにとっていいことか悪いことなのかわからないけど、テレビで惨状を見るたびに、へこみそうになるヤワな私にそんなちーたんが元気をくれています。


尚、実家も近いので、特に問題はなく、直接的な周りは大丈夫です。
父方の田舎が栃木なんで、心配したんですけど、栃木といっても山の中の方なので、揺れはあっても津波の問題はなく……。ただ、父の弟達のつれあい(叔母さんとか)のご実家が、東北方面の方が多く、心配です。

まずは自分自身、ちーたんを含む家族に友人知人、と、身近なところから心配をしてしまう自分にちょこっと凹みつつ。せめて電力はあまり使わないようにしようとか、出来ることを心がけながら、日常生活を送れる状況に居るんだから、送らなくちゃ、と、自分にカツを入れています。


皆さまや、皆様の周りの方、
被災された方、
救助に向かわれている方、
全ての方が、平穏な日常を一日も早く取り戻せることを心から祈っております。


ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 04:05
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments

はぎのさん、ちーちゃん、ご家族友人の方々がご無事で本当に良かった。
テレビで東北・関東の状況を見るたび、胸がつまります。
私、阪神大震災を経験していながら津波の本当の怖さを知らなかった…。
沿岸部の人達の気持ちを思うと言葉がありません。

うちもそうですが、野生を失っている?のも緊急事態では救いだなと思います。
特に猫はパニック状態になるのが一番怖いです。もしどこかに逃げてしまったら…。

はぎのさんもどうぞ睡眠だけは十分とって下さいね。
無事が知れて本当に嬉しいです。

  • ましゃり@2011/03/13 9:02 AM

皆さん御無事で良かったです。
ちーたんも、平穏そうで何よりです。

被害とはほぼ無縁の地域なのに、
何故だかケータイとネットがどちらも不通になってしまい、
皆さんの安否が本当に気にかかっていました。
余震もまだ続くでしょうし、
電力の問題とか、不安な面もいろいろあるでしょうが、
お体には気を付けてくださいね〜☆

  • あじ@2011/03/13 9:27 PM

■ましゃりさん

ありがとうございます。元気です。
ちーたんの野生の無さには、助けられています。と同時に、この子を守らなくちゃっていう気分にもなるので、凹んでいられないから頑張れます。
津波は阪神の時とはまた違った怖さを知りました。まさかまさかという感じです。
早く状況が落ち着くことを祈るばかりです。

■あじさん

ありがとうございます。
あじさんの方もネットにつながらなかったりと大変だったみたいですね。(^_^;)でも、実害がないのならよかったです。
これからしばらくは定期停電と格闘になりそうですが、自宅に居られる幸せを噛みしめて、過ごして行きたいと思います。

  • はぎの@2011/03/15 6:24 AM









Trackbacks