06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


11.25
Thursday
2010

写真を沢山アップした方が……と、思っていると、ついブログ更新が滞ってしまいます。いっつも文章ばかりですみません。

今日も過去の写真を。



夢子さんにおなかを撫でられるちーたん。

ちーたんはおなかを撫でられるのが好き。
こっちが「もー、終わり!」ってやめないと、30分位は平気で撫でさせています(笑)。

私はちーたんが最初の猫で、未だに他の猫と密な接触をしたことがないので良く分からないのですが、猫がおなかを撫でさせてくれるのは、安心しているから、だと、思っていました。

多分それは間違いでは無くて、おなかっていうのは急所だし、そこを撫でさせてくれるというのは、自分に危害を加えないって信じてくれているのだと思います。
そして私たちにそういう姿を見せてくれるのが嬉しいから、こうやってちーたんがおなかを撫でさせてくれるのはとても嬉しい。みているだけでも幸せ。

ただ、最近思うのは、おなかを撫でさせないからと言って、別に警戒しているわけじゃないんだろうなーっていうこと。
ちーたんも抱っこはそんなに好きじゃないし、抱っこは好きでもおなかはNGと言う子もいるかもしれない。その子の好き嫌いもあるんでしょうね。

いずれにしても、猫の警戒心がどこかに行っちゃっているような姿が好きです。
嬉しくなります。
おなか撫でるのでもいいし、近くで熟睡してくれるのでもいい。
この子はここで安心してくれているのだな、と思うと、とても幸せな気分になれるのです。

毎回30分というわけにはいかないけど、結構積極的にちーたんのおなかを撫でる日々。
心の中で「気持ちいい?」って聞きながら、満足そうなちーたんの姿に、私も幸せな気分になるのでありました・・・。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 22:38
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks