06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


11.21
Sunday
2010

最近部屋の片づけをしています。
ちょっと模様替えをしたいのですが・・・うっかり、手に取ってしまいました。

この漫画はとってもとっても大好きだったけど(連載当時から大好きだった)。

この水色の猫の話が載っているコミックスは特別。


表題の、水色の(瞳の)猫……人間にスプレーで本当に水色に染められちゃうにゃんこがおじいさんとわかれて放浪中のみかん(トム)に出会う話も、勿論、すごく心を打たれる話なのですけれども。
後半に載っている、陽だまりの幸福という話で、昨夜は号泣です。

2匹の、人間に捨てられた猫の話。
1匹の子猫は、現実を受け入れるのに時間がかかったけれども、新しい家族を得て、また幸せな生活を送ることができるであろうけれども、もう1匹の猫は。
完全室内飼いでかつての飼い主さんが全てだったようで・・・。
捨てられたショックによる極度のウツで……亡くなってしまい。

うう。思い出しても泣いてしまう。><

ちーたん、ちーたん、おかーたんだけが全てじゃないんだからねっ。
おかーたんは絶対ちーたんと別れたりしないけれども、おかーたんに何かあっても絶対、うちに来てくれるお友達、みんな、ちーたん、大好きなんだからねっ。
絶対一生悲しい思いなんてしないで、ツンデレ姫のままでいるんだよっ!!

・・・なんて、ちーたんとっつかまえて、抱きしめて号泣しておりました(汗)。ちーたん、大迷惑(苦笑)。

猫を飼うのなら猫が好きなんだろうから、安易に捨てるなんてことしちゃ駄目。この漫画読んで、猫の気持ちを思い知れっ・・・とか、思ったりしましたよ。(^_^;)

読むと泣いちゃうんだけど、好きな漫画です・・・。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 21:57
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks