06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


05.27
Thursday
2010

気持ちの吐きだし所がなくて、ブログを書くことにしました。
わけのわからない皆さん、ごめんなさい。

お友達のさくらまま。さんは、時折猫ちゃんを保護し、その子の暮らすべきおうちへ行くまでのお手伝いをしています。関西の方なので、関東に住む私とはそんなに頻繁に連絡がとれるわけではないけれど、時折、卒業生のその後のお話や、保護生活当時の裏話を聞いたりするのが、とても楽しみだったりします。

そのさくらまま。さんのところの卒業生くん(ちゃん)たちが、迎え受けられたおうちで楽しい猫生を送っているのをブログなどで拝見するのも、とても楽しみだったりします。いつも読み逃げしちゃっていますが……。

今日、さくらまま。さんのところの卒業生のおうちで、弟分のにゃんこちゃんが、短い猫生を終えました。
まだ1歳になったばかりでした。
ずっとずっと楽しく拝見していたブログだったので、先ず、突然の入院の記事に驚き、そして今日、更に驚きました。

※ご興味のある方は、さくらまま。さんのブログ『ねこもすき。』記事から、飼い主さんのブログへ飛んで下さい。





「にゃ?」

ぽろぽろ涙を流して泣いていた私を、きょとんとして見ていたちーたん。
たまらなくなって、沢山、たくさん、抱きしめてしまいました。
怒らせて、逃げられてしまいましたけど(苦笑)。

ごめんねー。ちーたんと離れたくなくて離れたくなくて、つい、ね。

誰もが思う事かもしれませんが、しっぽが何本になったって、化け猫っていわれたって、ずっと一緒に居たいです。ずっと快適に、そばで暮していて欲しいのです。


ご家族の気持ちを考えると、それだけで涙が出てきます。

どうか、穏やかに過ごして下さいますように。
いつか虹の橋で会える時まで、きっと。



そしてこれは無責任な外野の思いなのですが

わらびたんは、あわてんぼうな生涯だったけど、幸せだったと思います。
三兄弟の末っ子に迎えられ、みんなに可愛がられ、愛されて甘えん坊に育って。きっときっと幸せだったはず。幸せな猫生を送れて、良かったと、それだけは思います。


ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


あぁ、もう、文章がまとまらない。
すみません、とりとめなくて。


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 23:43
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks