06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


12.13
Sunday
2009

映画を見てきました。

これです。



一言でいえば動物愛護系の映画……と言ったら語弊があるでしょうか。
うーん、一言で言えません。
リンク先で詳細をご覧になって、興味が沸いたら見てください、としか言えません。


ペット大国日本はペット王国ではないようだ、という最初の方のフレーズがとても心に残りました。


上映されているところが限られているので、人によっては大変かもしれませんけれども、テレビのドキュメンタリー番組では見られない映像も沢山、見れました。見る価値はあると、思います。
人によっては苦手かと思われる映像も多少ありましたけれども(多分テレビだとああいうところをオブラートに包んでしまうんだろうなぁ……)気持ち悪いとか怖いとかそういう類のものではなくて、神聖なものだと感じて欲しいと思いました。

あ、あと、ハンカチは必須かも。
私の後ろの人がやたら鼻をかんでいましたっけ(苦笑)。
鼻をかむタイミングがなにやら統一性があったので、きっとシンクロしちゃうエピソードをご自分もおもちだったのかなぁ、とか。色々、思いました。
悲しいとか、可哀想とかそういう涙だけじゃなくて、良かったね、ほほえましいね、というエピソードも沢山あったけど。とりあえず、ハンカチ持参で行きましょう。ティッシュはご自身の判断で(苦笑)。


あとは、うまく語れません。ごめんなさい。




こういうのを見たときの私の悪い癖で、自分の無力さ無関心さ鈍感さなどに嫌気がさしてしまうのですが、そんなことも言っていられません。既に私はちーたんと暮らし始めてしまっているのですから、最低限の出来ることをしなくては。(あたりまえなんですけどね。)

先ずは私自身が元気で、それなりに余裕をもった生活をできるようにしなくては。(それなりに余裕を持った生活の意味は、映画を見ていただければご理解いただけるかと。)
そして、ちーたんのこれからの生活をしっかり守らなくてはなりません。

快適な寝床とご飯と。必要に応じて医療と……。安全な生活を確保して。
そして私自身がちゃんと丈夫に長生きして、ちーたんと添い遂げなくてはっ。

それを満たしてから、そこから先を考えようと思います。
先ず自分の周りから、出来ることから一歩一歩コツコツと、ね。



獣医さんで上映時間の載ったチラシをもらって、おもいたって行ってしまったので、獣医さんに昨日の健康診断の結果を聞きにいけなかったけど、予防接種翌日のちーたんを3時間弱も余計に留守にさせてしまったけれども。

ちーたん、
ちーたんにあんな眼をしてほしくないし
あんな悲しい声を出してほしくないから
一緒に仲良く暮らそうね。
大好きよ。許してね。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


うーん、支離滅裂ですみません……。


06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • 18:11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks