06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


04.22
Tuesday
2014

某Sママ。さんに教えてもらった漫画。
多分猫漫画。スピリッツのコミックスみたいだけど、猫漫画。

凄腕の武士さんが猫にめろめろな漫画で・・・

なんかもう、めろめろっぷりが他人とは思えなくてっ

はぁはぁしちゃいました(笑)。

きっと続きも買うな。うん。

この漫画の中でも主人公さんが猫にダイブされて朝起きるのですが、まさしく今朝、ちーたんにそれをやられました。
久々に薄い布団でやられて、内臓出ちゃうかと思いました(苦笑)。

それでも元気なちーたんが好きなので、幸せなのでありました。


08.21
Wednesday
2013

 
お友達のさくらまま。さんちのさくらさん、載りました!

ブログ「ねこもすき。」もよろしく!

・・・誰にも頼まれたわけでもないけど宣伝する(笑)。

普段から友人たちの間では、餅猫もちねこモチネコと言われていましたけど、本当に餅猫さんの分類に載っていました。
それから、さくらさんではないけど、ふくよかなにゃんこは丸くない、四角い、という話を耳にしたこともあったけど、本当にそういう感じの写真も載っていました。

みんな可愛かったです〜^^

そして、当然のようにウエストを測られて書かれていたのが笑えました。
私たちが猫のウエストを計測した時には、

「猫のウエストってどこ?」

ってあんなに悩んだのに!
計測中の写真ものっていたけど、うちはもっと下腹の一番太いところはかったぞー。

体重も載っていて、4キロの子もいたのでびっくり。
ちーたんと一緒だぁ。

でも、雑誌にも書いてあったけど、骨格っていうものがあるから、1キロでも太っている子もいれば10キロでも適正体重の子もいるんでしょうね。

一応うちのちーたんは、まだまだ適正体重のようです。

みんな健康なら丸いくらいの方が可愛いよ、多分(笑)。
スリムなにゃんこが好みの人ももちろんいると思うけどね。

実はまだ全部は読んでないので、じっくり読もうと思います。^^


12.24
Monday
2012

メリークリスマス!

 
 サンタ苺。

去る12/22、我が家で独女(って表現すると怒られるかな?)4人でクリスマスをしました。
この写真はその時某gさんが作ってくれたサンタクロース姿のイチゴ。

さて、今日はその時の話題からいろいろ脱線する予定。
話題があっちこっち錯綜しますがご容赦を。



実は我が家はCATVに加入しているのですが、ろくろく見ておりませんでした。
が、この12月、アニマルプラネットというチャンネルで毎月22日は猫の日ということで24時間猫ばっかり(※ネコ科の動物も含むようです。ライオンとかの番組もあったですよ。)の番組を視聴できるというので、見れるように設定してみました。

アニマルプラネットの中で以前から結構気に入っていたのが、【猫ヘルパー〜猫のしつけ教えます〜】という番組。(原題 My Cat From Hell  ・・・なんつータイトル・・・)

猫にしつけとか、タイトルだけ見るとちょっともにょるけど、内容は結構面白い。
猫との生活に困った家族にその解決方法をちょいといかついおにーさん(ジャクソン・ギャラクシーという夜はミュージシャンのタトゥーまみれの人)が解決策を指南するというような内容。見てみればなんということはない、たいてい人間の方に問題があって(笑)、さりげなく人間の方を更生させているような番組です。

でも、強面の猫ヘルパージャクソンさんが、猫相手に優しい声で触れ合っている姿が妙にツボに入ってしまいましてファンなのです(笑)。

で、クリスマス会に話は戻りますが、丁度22日だったので、他の番組も見つつ、猫ヘルパーも4人で視聴していました。

その時、番組内で映った猫家具に興奮。



うちのTVを撮ったのでよくわからないけど、壁に設置するタイプのキャットステップとか



インテリアとしても素敵〜な、キャットタワー。あ、両方の写真に写っているのがジャクソンさんです。

いいなー、こんなタワーあったらいいなぁ。欲しいなー!!!

って叫んでいたら、当日参加してくれていたお友達のTさんが見つけてくれました(笑)。
アメリカのアマゾンで。(^_^;) ←クリックするとタワーの全体像が見えますぞ。Lotus Cat Towerというやつですよー。

ついでにメーカーの公式サイトまで探し当ててくれた(笑)。
凄いよ、Tさん!

見てみたらキャットステップもそこの会社のだった。Cat Clouds Cat Shelfっていうのがそれっぽい。アメリカ?の番組っぽいからスポンサーなのかもしれませんね。調べてないから正確なところはわからないけれども。
でもどれも素敵な家具ばっかりでうっとり。

で、しっかりTさんから「在庫はあるみたいだから早まっちゃだめよ」と、念押しもされまして(笑)。
うん、欲しいけどね。(^_^;) すぐに念押ししてくれるあたりがお友達だよなー、もう性格ばれてーら、とか思いましたけどね(苦笑)。

流石にモノがモノだし、海外通販だし、そんなにすぐには踏み切れません・・・。現在使っているキャットタワーが別に壊れているわけでもなし。金額もそれなりにするものだし。猫じゃらし1本くらいなら冒険したかもしれないけど、ちょっと冒険できるスケールではないので。もし壊れて届いたらクレームつけられる語力もありませんがな。


何よりも、そこまでの冒険をして、ちーたんが気に入ってくれなかったらどうしようもないという罠。

ああ、もう、猫って・・・。
これなら使う?気に入る?って前もって教えてくれたらいいのに(涙)。

あ、そうか。
Tさんが自分ちのにゃんずのために先に購入してくれたらどんなのか見にいけるじゃん!(笑)Tさん買ってあげなよ〜!!!!



「ん?」

いえいえ、なんでもございませぬ。

クリスマス会では騒がしくしてごめんなさい。
沢山暖房付けてごめんなさい。だってみんな寒いっていうんだもん。

次は新年会ですから。来年ですから安心してねw

さて、今夜は実家のクリスマスに参加してきます。
おうちでちーたんと一緒に過ごしていたいし、ちょっと仕事もあるのでできればおうちに居たかったのですが、諸事情ありまして仕方ありません。でも、仕事を言い訳にして、参加は夕方からです。このブログアップしたら仕事して、それから行ってきまーす!

皆さまも、よいクリスマスをお過ごしください。^^


09.08
Saturday
2012

 丁度、ここ数日動物病院の話題がでていたので、改めて、この漫画を取り上げてみました。

前作、「MF動物病院日誌」 から読み続けていましたけど、やっぱり終わりは来るんですね。
残念。
でも、読後感はさわやかだったので、良かったこととします。
また番外編などが書かれるといいなぁ。

作者さんが猫飼いさんでいらっしゃることもあって、より親近感を持って読んでいましたが、普通に、どの動物を愛する方でも、楽しく読める漫画だったんじゃないかと思います。

動物に対するスタンスというのは人それぞれ、考え方も人それぞれですから、結構難しい題材なんじゃないかと思うこともちゃんととりあげてかいて下さいました。とても好きな漫画です。

こんな動物病院が本当にあったらいいのに。


いえ、今のかかりつけの動物病院さん、獣医さんに不満があるわけではないですけどね(笑)。


この漫画のような、年配の安心感のある院長先生、スペシャリストの有能な先生、熱血漢の若先生、愛情も技術もあるAHTさん、整った設備、安心価格(笑)←いや、そこまでは具体的にかかれてはいないけど、治療費の事には良く触れられていますよ?(笑)

ご自宅兼病院だから夜間も安心。

んー、難しいような、探せばあるような?どうかな?(笑)

ま、動物病院自体、あんまり用が無いのが一番なんですけどね。




「おかーたんがそわそわしていると、小さな箱に入れられて、ゆられて行くんでちゅ。そうすると、あたちを可愛ぃってなでなでしてくれる人と、あたちの嫌いな怖い人のいるところに行くんでちゅ。」

えーと。
ちーたんはAHTさん(二人いる)には懐いているし、AHTさんも可愛がって下さっていて、関係は良好なんですけれども、先生(院長先生ひとり)に対してはちょっと態度が悪い(笑)。
多分、2度も結膜炎で通院しているから、先生に会うと痛いって思うのかも。
AHTさんだけの時はシャンプーだけだったりするから平気なのかも。

でも、獣医さんで固まるタイプではないので、平気で先生にも「いやにゃん!」って抗議しています。興奮しすぎて暴れたりってこともなかったですけどね。
ちゃんと、先生、「ごめんねー、大丈夫だからちょっとじっとしててねー」って優しく言って下さるのに。お尻に体温計いれられるだけで「にゃ!」って抗議しちゃう。お互い仕方ないことなので我慢してもらうしかないんですけどね。(^_^;)



「ぶぅ」


以前、大学病院から出張してきてくれてた獣医さんの卵の若い男性には喉を鳴らして甘えてたよね?もー、院長先生にも愛想良くしてね?一番ちーたんの身体の事、わかってくれているんだよ??好き嫌いしないでねー!?


理想の動物病院、巡り合えていますか?


03.24
Saturday
2012

正確に言えば、私はこのダイジェスト版は購入しておりません。
ダイジェストじゃないほうを購入しました。

まだDVDになってない頃。
全国各地で上映があった折にたまたま見に行く機会に恵まれまして。(その時の記事はこちら。)その後、猫友さんとこの映画の話題が出た時に猫友さんが話していたことがずっと記憶に残っていまして。

こういう映画は本当に見てほしい人が見てくれない。
関心のある人だけが見ているだけじゃだめ。
学校とか、教育の現場とかで見せるべき内容だと思う。

と、いうような内容だったと思います。

なるほど確かにその通りだ、と思う反面。
こういうものを教育の現場などで見せられる対象の世代と言うのは、情緒的にも不安定な要素の多い時期だと思うし(だからこそ必要なのかもしれないけど)、ちょっと刺激的な映像もないとは言えないので、難しいのでは?と、思っていたのでした。

この商品は、丁度私の懸念していた内容なども考慮されているのでしょう。
商品説明に「子どもといっしょに考える、人と動物の幸せ」とあるので、子供むけになっているようです。

こういった商品ができてよかった。
あとは、これをどう活用していけるか、なんでしょうね。

大人の方でも、辛そうで見る自信が無かったとか、そういう方も、ダイジェスト版ででも、目を通す機会があったら、見てほしい、と思いました。



***

なんで夜更けにこの記事をアップする気になったのかというと。
昼間出会った野良ちゃんが、なーんか気になって。
すごく人懐こい子で。

都内の某百貨店の軒先というか、デッキ?というか、そういうところに居たのをたまたま目撃しまして。近くのお店(百貨店のテナントさん)の店員さんの話だと、飼っているわけではないけどなんとなく居付いている猫なんだそうです。

今日は雨だったので、驚かせて雨の降っている方に行かせちゃったら可哀相だから、せめて姿だけでも見せてね、って思って、5mだか10mだか、離れたところでしゃがんでみたら、

すり寄って来て頭ごつんごつん。

びっくり。

えーと、触っていいのかな?こういう場合は、えーと(汗)

戸惑っていたら、お尻を見せてぷるぷるぷる。
え?ちっこひっかけるの?あ、違うのね。お尻見ればいいの??あ、女の子だねぇ。
あ、耳の下がかゆかったのか、ごめんごめん、掻いてあげればよかったのかぁ。本当に人懐こい子だねぇ・・・。

なんてことがありまして。
連れも居ましたのでその場はそれで「近くに来てくれてありがとうね」って言って去ったのですが。夜静かになってから雨音が響いてきたら、あの子は今どこで暖をとっているのだろう。雨にぬれずに過ごせているのだろうか?あのビルのシャッターはどこで閉まるのだろう?雨宿りできる位置は確保できているのだろうか?
とか、気になって。

なーんか、目が覚めてしまったんですなぁ。
疲れているはずだし、睡眠も足りてない筈だから、即熟睡だと思ったのになぁ。


お外に居る子はあの子だけじゃないんですけどね。
わかっているんだけど。

私にできること、しなくてはいけないことは、ちーたんが生涯、雨を知らない家猫のままでいさせること。まずはそれ。なにが無くてもそれなんですよね。はい。

そう自分に言い聞かせて、寝ます。


11.21
Sunday
2010

最近部屋の片づけをしています。
ちょっと模様替えをしたいのですが・・・うっかり、手に取ってしまいました。

この漫画はとってもとっても大好きだったけど(連載当時から大好きだった)。

この水色の猫の話が載っているコミックスは特別。


表題の、水色の(瞳の)猫……人間にスプレーで本当に水色に染められちゃうにゃんこがおじいさんとわかれて放浪中のみかん(トム)に出会う話も、勿論、すごく心を打たれる話なのですけれども。
後半に載っている、陽だまりの幸福という話で、昨夜は号泣です。

2匹の、人間に捨てられた猫の話。
1匹の子猫は、現実を受け入れるのに時間がかかったけれども、新しい家族を得て、また幸せな生活を送ることができるであろうけれども、もう1匹の猫は。
完全室内飼いでかつての飼い主さんが全てだったようで・・・。
捨てられたショックによる極度のウツで……亡くなってしまい。

うう。思い出しても泣いてしまう。><

ちーたん、ちーたん、おかーたんだけが全てじゃないんだからねっ。
おかーたんは絶対ちーたんと別れたりしないけれども、おかーたんに何かあっても絶対、うちに来てくれるお友達、みんな、ちーたん、大好きなんだからねっ。
絶対一生悲しい思いなんてしないで、ツンデレ姫のままでいるんだよっ!!

・・・なんて、ちーたんとっつかまえて、抱きしめて号泣しておりました(汗)。ちーたん、大迷惑(苦笑)。

猫を飼うのなら猫が好きなんだろうから、安易に捨てるなんてことしちゃ駄目。この漫画読んで、猫の気持ちを思い知れっ・・・とか、思ったりしましたよ。(^_^;)

読むと泣いちゃうんだけど、好きな漫画です・・・。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


11.03
Wednesday
2010

くうううう、うっかり買ってしまいました。
にゃんこ向けグッズもあったけど、オーナーさん向けグッズ多し。
うっかり通販しちゃいそうになっちゃいます。

我慢我慢……。
と、言いつつ、サイトを探してしまう駄目駄目な私。(^^;

ぽちっちゃう危険のある方は、本屋さんでちら見で済ませた方が安心です(苦笑)。
でも、色々あって、本当にオススメ。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


記念日の今日、ちーたんはぜーんぜん、奥の部屋からでてきてくれませんでした。
ご飯欲しくなったときだけでーす。
元気そうなので心配は無いんですけどね。
おかーたん、ずっとおうちに居たのにな。
寂しい……。