06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


04.08
Monday
2013

ようやくちーたんの抜け毛事情。

みなさんのお宅でもそろそろ換毛期なのではないかと思いますが、我が家でも4月に入ってから抜け毛が増えました。

思い返せば生後1歳位まではあまり抜け毛を感じなかったのですが、その後、ちゃんとオトナになったのね〜と色々な面で思うようになってからは、我が家のいたるところがちーたんの抜け毛で埋め尽くされるようになりました(苦笑)。
猫友Tさんちの某ちびたんずが、あんまり抜け毛気にならない〜って最近までTさんが言っていたのに、今や毎日毛をむしってるという話で思い出した。
成長期にはほかの方に栄養が行って、毛が抜けるとかは後まわしなんですかね?



ちーたんのほっぺたのアップ。
ふわふわもふもふで気持ち良くて、さすがに体よりは毛が短いんですけれども、指先でなでなですると毛がふわふわ抜けます。(^_^;)顔も毛が抜けるんです。

抜け毛というと関連して気になるのが毛玉と毛玉吐きとそれを助けると言われている猫草の存在。

うちは、比較的、毛玉を吐くのが少ない気がします。
年間で片手で足りるくらいなんじゃないか、と。
そしてその形状はとても立派で(笑)、トイレの中にあったら、多分うん○と間違えると思う。そんな形状です。ただ、ちーたんの場合は色がうん○より薄いのでわかりますけどね。

毛玉を吐く多さっていうのは個体差が多い気がします。
ちーたんはご飯を吐き戻すっていうことが殆どないんですよね。
なので毛玉も吐き出すより下から出す方が多い気がします。うん○を割ると毛が混じっているのわかりますしね。

そして、毛玉がのどにたまっているのか、そろそろ吐きたいようなときは異物をよく舐めています。猫草じゃないんです!うちの場合は猫草は常に無関心。育てても結局めでるだけ。
ちーたん無関心です(涙)。
その代わりに欲しがるのは、ビニール系のもの!!!
これが一番困る!!
あんたの主食は石油製品かっ!と、言いたくなるくらい、ビニールが好き。
特にあまり弾力のないフィルムみたいなビニールが好き。
※ねこのきもちが届くときに包装されているあのビニールとか大好き。

幸い、すぐに噛み切れるようなものではないので、噛んでいるのを見かけたら即撤去。なるべくちーたんの手の届くところには置かない、などしますけれども。



「おかーたんがおもちゃとるでちゅ」

違うよ!あれはちーたんが噛み千切るひらひらがついていて、ちーたん食べちゃいそうだったから仕舞ったの。ひらひらの部分、別のものに付け替えるかとるかしたら、出してあげるからそれまでは別のおもちゃで我慢してっ!

後はもうシャンプーとブラッシング。時にラキサトーン。(という名前の毛玉除去補助薬?みたいなもの。獣医さんで年に一度位買います。)
掃除もまぁ、それなりに。
コロコロは必須常備品。

シャンプーの後の排水溝の毛を溶かす溶剤も我が家では必需品。(^_^;)
気を付けているけど排水溝にも絶対流れてると思うのです。
ちーたんをシャンプーしなかったとしても私の体についていたちーたんの毛が入浴のたびに流れていると思うので、ちーたんのシャンプー後にはやるようにしています。
集合住宅は詰まらせると後が大変だし。(^_^;)

ふぅ。

まぁ、そんな我が家の抜け毛事情です。
換毛期は本当に毛がふわふわ舞うこともあるけれども、基本年間行事なので、そんなに苦痛に思ったことはありません。
というか、ちーたんがファーストにゃんこなので、こんなもんなんだろうなって単純に思っています。
知らない幸せってやつかもしれませんね(笑)。


04.04
Thursday
2013

 今日はちーたんのトイレを洗いまして。
徹底的に洗うには、お風呂場とかで塩素系の洗浄剤などで浸け置き洗いをするといいという情報を耳にしたので、試しているところです。

いつものようにざっと洗って、湯船にぬるま湯をためて、ほんのすこーし、塩素系のを垂らして。でも怖いからぬるま湯が冷水になるころには湯船から出して、お風呂を洗いながら再度トイレを洗って。
後は晴れの日におひさまをあてたら完了です。



お風呂でばたばたしていたら、自分が洗われると思ったのか、しばらくボックスからでてこなかったちーたん。
隠れているふりをしながら私の様子をうかがっているところをぱちり。
この後、さらに奥に隠れました。

今日はシャンプーしないってば(笑)。

実は、トイレの匂いはシステムトイレを導入してからずっと気になっていたのですが、私とは相性が悪いと思いつつ、ちーたんはあまり気にせずに利用しているし、ちーたんのちっこを定期的に採取して獣医さんに届けるのにあたり、一番ちーたんに負担がかからないようなので、妥協していました。

が、やっぱり気になるものは気になる。

ちっこをとるのは多くて月に一度だけど、ちっこは毎日するしー。
ペットシーツも併用していたけどなんかもう気になる気になる匂う気がする〜〜!!

ので、がっつり洗いました。

もー、トイレは普通のたらいみたいなやつで、汚れたらすぐに汚れた猫砂を捨てられるやつが一番いいです。できれば屋根みたいなのもついてないやつがいい。すぐに気付くし。においもこもらないし。(ちーたんはどっちがいいのか不明。なんでも使う子なのでよくわからない。)


実はちーたん、今日、ちょっとゆるうん○だったんです。
ついでににおいも強めのうん○だったのです。
そのせいもあって、トイレを洗いたくなったのですなぁ。


ゆるうん○の原因はサンプルでもらったカリカリを一気にあげたせいだと思います。

珍しい味が気に入ったのかなんなのか一気に食べてたから食べ過ぎたのもあるのかしら?
おなかが丈夫な子だし、サンプルだし嫌だったら食べなくていいや、と思って全部お皿にだしてしまった私が悪いんです。ごめんねー、ちーたん。

でもちょっと便秘気味だったからかえってすっとしたかしら?



必死に舐め舐め中。
あんまり考えたくないけどおちりも舐めています。
おかーたんも拭いたけど、自分でも舐めてます。



れろれろ〜、のお顔。
ぶれてますけどお気になさらず(笑)。



「乙女のはずかちい姿をとりまちたね!?ゆるちまちぇんよ!!」


・・・ごめんごめん。(^_^;)

でも早く治ってよかったねぇ。
夜にはもう治ったもんねぇ。
朝、ゆるかっただけで済んでよかったよ。
今日、獣医さんお休みだから相談の電話もできなかったし。
悪化するようだったら、他の獣医さんとか、色々考えたりもしたのよ?
でも元気だったからよかった。

ここ数日気温のアップダウンも激しかったので、心当たりはあったものの、ちょっと朝はドキッとしました。

念の為、あと数日はトイレとかいろいろ気を付けようと思います。



01.08
Tuesday
2013

 あけました。2013年もどうぞよろしくお願いします。

・・・というか、もう既に皆さま日常ですよね。今年はすっかりお正月からブログをさぼってしまいました。もうちょっとまじめに更新しないといけませんね。

さて、本日は本年初のシャンプーを決行しました。
冬場はやっぱり温度が心配で。極力昼間に。極力寒くしないように。極力しっかり乾かすように。極力獣医さんがお休みのときを避けるように。などなど、色々気を付けてシャンプーします。そのせいもあってか、ちょっぴり長丁場だったかもしれません。(我が家比)

シャンプー中はとてもとても写真撮影できませんし(防水のカメラありませーん)ドライヤーの時もちゃんとは撮影できなかったのですが。携帯で時折撮影したブレブレのものでよろしければ、ちーたんの濡れ姿の変遷をお楽しみ下さい。(*_*)



「許さないでちゅ。またしてもあたちをこんな目にあわせたでちゅね!」


ドライヤーの時は洗濯機の上が定位置です。
本当は嫌なんだけど。まぁ、色々気を付けながら、頑張っております。



「さっさとぶおーん(ドライヤー)済ますでちゅ!」

ドライヤー自体はそんなに怖がりません。音も平気です。
でも、風は不快みたいで、特に暖かい風は暑いみたいです。



「ぶつぶつ・・・」


自分でもせっせと舐めてお手入れしています。
私は一歩離れたところからドライヤーで温風をちーたんに向けています。



「飽きたでちゅ。休憩でちゅ。」


飽きると洗濯機の上から降りてきますが、まだまだ解放してあげられる状態ではありません。生乾き以前の状態ですから。



「あたちのいうことがきけないんでちゅね?」

す、すごんでもダメです。誰が見てもまだ乾いていません。



「もうあちょんであげまちぇん・・・」

うっ・・・。でもおなかだけでもちゃんと乾かさないと。
生乾きだと毛玉になりやすいからしっかり乾かしたいというのもあるけれども、一番怖いのは、隠れたところが乾いてなくて、心臓発作などを起こされることです。
全身毛皮のちーたん、濡れたままでは解放できないのです。




「続きは別のところでぶおーんするでちゅ」

洗濯機に上ったり下りたりがこのあたりから多くなり。



「お外でたいでちゅー」

脱衣所に閉じ込めているので、脱衣所のドアから外にでたそうにします。
あんまりしつこく乾かしていると、実はドアノブに飛びついたりしだします(笑)。でも、これくらいの時点ではそれをやっても解放されないと本猫もわかっているので見てるだけ。



「あっちがダメならこっちは・・・!あたちがじゃぶじゃぶされたとこでちた!!!」

飽きたのか、お風呂場の方までのぞきに行ってしまうちーたん(笑)。
流石にシャンプーの直後は探検しに行く気はなさそうです。


で、最初の写真と比べて、それでもだいぶ水気が減ってきているのがわかりますでしょうか?
この後はまずは手櫛でなでなでしながらドライヤー。
その次には櫛を通しながらドライヤー・・・しますが、いまだにお尻から後ろ脚にかけてのラインはおとなしく櫛を通させてくれないので、離れたところからぶおーんだけです。

片手に櫛、片手にドライヤーなので当然写真はありません。(^_^;)

ここまでドライヤーだけで1時間強。
脳みそ小っちゃいくせに変なところで小賢しいちーたんは、そろそろ私が妥協するだろう時を見逃しません。愛らしく鳴いて、ドアをかりかり。

とりあえず休憩。
暖房をきかせた部屋に開放するとご飯処の前で待機しているちーたん(苦笑)。
ぬるめのお水と、ご褒美の猫缶を準備して。
満足するまで堪能してもらうと、後は自分からまた洗濯機の上に戻るので、その時をねらってまたぶおーんして、完了です。
※洗濯機の上に戻らない時には強制ぶおーんですが。やはり生乾きは本猫も気持ち悪いのか、さほど嫌がりません。

そんなこんなで正味2時間強位でしょうか?
途中休憩が入るので3時間位かかってしまうちーたんのシャンプー。

ちーたんにはかわいそうだけど、実はおかーたんはとっても好き(笑)。
お手入れも大事な、大好きなスキンシップの一部ですからね。

獣医さんにも肌質毛質の関係でこまめにケアしてあげてくださいと言われているので堂々とシャンプーできるのが嬉しいのでありました。

はっ、長くなってしまった。
写真多くてごめんなさい!
オチがないけど終わる。


06.15
Friday
2012

気になる気になるトイレ事情。

 実は、ちーたんの尿検査をしたくて仕方ないのですが。

 私が全然猫慣れしてない、ちーたん子猫時代に、ちっこを取るために追い回したせいか、ちーたん、私がそばにいると、ちっこをしてくれなくて。(運光様はどんなに近くに居ても産み出してくれます。えぇ、私がトイレ掃除をしているときにちゃっかり砂にのぼってきて、そのままもりもりとされたこともありましたっけ。あぁ、刷り込みって大事。涙。)

これ以上無理に追い回してトイレを我慢するようになっても困るしなぁ、と、悩んでおりました。 あちこちのブログさんで色々なトイレ情報を入手しては色々考え、獣医さんと相談した結果、新しいトイレを導入してみました。(すのこ式のトイレを使って、固まらない猫砂にして、下に落ちた尿を採取して検査してもらおうかと。本当はよくありません。よくありませんけど、獣医さんと考えに考えた苦肉の策です。意味無いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、諸事情あって、とりあえずこの方法にチャレンジすることに。)

 そんなこんなで購入。 密林でなんとなくお安く感じたし、知らないで購入したけど、1000円のキャッシュバック期間中でした。応募するのに50円切手が必要だったけど(笑)。

 ま、値段はいいんですけど。

 一番の問題はちーたんが使ってくれるかどうかだったんですが。 それは難なくクリア。 何と言いますか、本当にちーたんというのは手のかからない子で。 トイレの失敗はこれまで一度もありませんし。 猫砂を変えてもさほど戸惑うこともないし。(ちゃんと、今までのトイレと並行して新しい砂やトイレを導入しております。念のため。それでもこっちが拍子抜けするほど、あっという間に順応します。)

が・・・。

臭う・・・・気がする。

 一週間におわないって、無理があると思う。

みなさん大丈夫なのだろうか、と、思ってレビューを見たら、大丈夫な人と大丈夫でない人と両方いらっしゃるようで。 あぁ、うちは駄目な方だったのかなぁ、と、ちょっと残念に思っています。

 

朝陽に照らされる可愛いちーたん。
話題が下の話題なので、せめて写真はさわやかに。


ただでさえ父親に我が家の匂いを指摘され、ちょっと気にしていた時だけに余計に気になる。かといって、一週間周期でとりかえることを前提に作られているスノコの下に敷くマットを毎日取り換えたら、洒落にならないコスパになってしまいます。

仕方ないので、ペットシーツを購入して、それを気付いたら取り換える日々。

出来れば(ちーたんに負担がかからないのであれば)毎月だって尿を提出したいところなので、本当はこのトイレを使い続けたいのですが、このままでは難しそう。尿をとると決めた日だけこのトイレにするというのも何かを刷りこんでしまいそうだしなぁ。



「あたちは清潔ならどんなトイレでも大丈夫だとおもいまちゅ。」

・・・うん、そうみたいだね。

あぁ、朝陽があたるとちーたんの毛がきらきらしてとてもきれいよ。
おかーたん、写真撮るの下手だからうまく写ってないけど(苦笑)。

そもそも、ちーたんのちっちをおかーたんがうまくとれれば問題なかったんだけどねー。なんであんなにちーたんが嫌がるほど下手だったんだろうねぇ・・・。そんなに刷り込まれているとは思ってなかったよ。


・・・基本的に、ちーたんは手のかからないよい子なので、これくらいは私自身でなんとか解決したい、と、色々模索中です。
とりあえず、慌てて買ったペットシーツ96枚入りを消費する間になんとか工夫したいと思っています。




06.05
Tuesday
2012

 今年の春あたり、両親が我が家に足を運ぶことが多い時期があったのですが、その時にちーたんとの暮らし方、ちーたんの飼い方、について、考えさせられることがしばしばありました。



我が家の主、ちーたん。



まず、大前提として、「父はサザエさんちのタマが理想の猫の飼い方だと思っている。母は、飼い方云々以前に、猫そのものに免疫が無く、動物全般が苦手なので、理想も何もない。」という状態でした。

結果、父とは意見が相容れないまま。母は、ちーたんにだけはなんだかなじんでくれて、うちにやってくるとちーたんの姿を探し、構うようになりました。^^;
私としては意外な結果になりました。

父の言うことには。

そもそもマンションで猫を飼うということ自体が好ましくない。家にとじこめているから猫が可哀相。また、人間にとってもトイレが屋内にあったりして、不衛生だ。
「お前、一軒家に引っ越すべきじゃないのか?」

とのことで。(-_-;)

正直なところ、一昔前の考え方じゃないかなー、と。
いや、父の言い分もわかるんです。環境が許せばそういう飼い方ができたらいいなと思いますよ?交通事故の心配も無くて、野良ちゃんとの接触とかの心配も少なくて・・・とかね。
実際、ちーたんがお外で暮らした経験のある子で、お外に出さないとどうにもならない状況の子だったら、我が家では暮らせなかったとも思います。
ただ、ちーたんはうまれたときから屋内暮らしですから、完全室内飼いが可能でしたし、その方が色々望ましいと思うので、仮に一軒家で暮らしていても、家と外の出入りは自由にはしてなかったんじゃないかと思います。
トイレが屋外というのも論外。
ご近所問題とか考えたら、自宅の敷地内、それも屋内に置くべきだと私は考えます。

そんな感じでもの別れ。

逆に、ちーたんの存在に最初は恐怖しか無かった母が、慣れるにつれてちーたんに愛情を感じるようになり。我が家のちーたんの扱いに不満のある父がうちに着辛くなっているのをこれ幸いに(※父と別行動が嬉しいお年頃らしいです。)我が家にやってきてはちーたんを愛でています(苦笑)。



「ばーたんとおかーたんがおやつ食べててもあたちはここでおとなしくしているでちゅ」


カウンター真横のダイニングテーブルで母とお茶をすることが多いのですが、カウンターは座ってもいいところなので、堂々と寝ていることも(笑)。そんなちーたんの寝顔を見ては、ほのぼのとした気分になって帰って行く母なのでした。

思うに、特に猫を飼う(動物を飼う)ということに自分の主義主張が無かった母の方が、受け入れやすかったのかなぁ、と。


あ、あと、神経質なうちの父は、猫砂の匂いも嫌がっていました。
私の掃除が悪いのかと思って、父が来る前に、洗って綺麗なトイレに新しい猫砂をセットして、ちーたんがまだ使ってない状態にしておいたのに、猫砂そのものの匂いが駄目だと言われました。(-_-;) 要するに、おからの匂いってことでしょうかねぇ?



「おかーたんの足の方がくちゃいでちゅ」

・・・否定できませぬ。(号泣)
母とも話していたのですが、我が家の気になる匂いは、ほぼ私の匂いでございまする(涙)。う、ううう。ちーたんの方が無臭でございまする〜〜〜。


時代変われば、生活習慣も変わります。
当然、動物の暮らし方も変わると思うわけで。
昔ながらの持論を持っている父を説き伏せるのは至難のわざ。
もう、価値観が違うものとして、諦めようと思っているところです。

私は、今までもこれからも、私の出来る範囲で、可能な限り、ちーたんが暮らしやすい環境を作りたい、ただそれだけなのであります。


04.19
Thursday
2012

 ちーたん、今日はシャンプー頑張ってくれました。

相変わらずシャンプーには敏感で。準備をしている間に悟られて、引き込まれてしまいましたけれども、こっちも頑張って「シャンプー?何それ知らない。」みたいな雰囲気をかもしだし、なんとかおびき出して洗わせていただきましたとも(苦笑)。

これは、シャンプー前の画像。



クッションにうずもれてすやすや寝ていると思ったら。

あ、起こしちゃった?



って。

ぷっ、ちーたん、寝癖ついてる〜〜〜〜w

よくわからない皆さんのために(笑)。









顔の横のもふもふの毛が絶壁みたいになっていました(笑)。


今日のシャンプーでお顔もさらにもふもふになりました。(^^)


ちーたんは、毛長種だからというだけでなく脂肌でもあるので、皮膚病予防のためにはシャンプーは必須。頑張ってくれているちーたんに、心より感謝。


08.27
Saturday
2011

 今日はちーたんのシャンプーをしたのですが。

ちーたん、5歳にして初めて。

シャンプー後のドライヤーの時に、

おなかをごろ〜ん、と、出してくれました!

う、嬉しい!!

もしかしたら、もう降参だよ〜っていう意思表示だったのかもしれないけど。
いや、その可能性の方が高いんですけど(苦笑)。
でも、ドライヤーでおなかを乾かすのがスムーズなのはとっても嬉しい。

私一人でシャンプーしているくらいですから、ちーたんは比較的、シャンプーに慣れていてくれて、やりやすい子なんだと思います。獣医さんでもお願いすれば麻酔なしでシャンプーをしてもらえる子ですし。(※基本、猫は水が嫌いだから、シャンプーも嫌い。特に毛の長い子などは皮膚病の関係もあって、どうしてもシャンプーしなくてはならないときに、麻酔をしなくてはならないほど、シャンプーが苦手な子もいるそうです。)

毛が長くて毛玉になりやすい子なので、シャンプーやブラッシングには慣れていて欲しいし、お年寄りになったら麻酔してお手入れなんて、身体に負担がかかるから、慣れてくれるに越したことはありません。

幸い、我が家に来る前から、ちゃんとお手入れされて育ってきた子で、「この子はシャンプーとかしやすい子だと思う」ってちーたんの母猫さんのママさんにも言われていたので、私としては、お手入れ嫌いにならないように、ちゃんとその資質を守らなくちゃ!って思っていました。

でもね、流石におなかごろんは嬉しかったの。

年を取ってからいろんなことに慣らすのは若い時より難しいっていうから、現状維持で頑張らなくてはっ!



「あたちはお風呂は嫌いなんでちゅよ!?」

※シャンプー前の写真です。目つき悪くてすみません(笑)。

あぁもう、なんっていい子なんだろう。
なんて愛らしい娘なんだろうっ!!(自爆)

ちーたんのお手入れがますます大好きになったおかーたんなのでした。^^