06.25
Saturday
2016

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


06.09
Monday
2014

そろそろちーたんのシャンプーだな〜。
そろそろ予防接種にも行かないと〜。
そろそろレボリューション(フィラリア等の予防薬)の追加買わないと〜。

なんて思っていたら。

夜、涙目のちーたん発見。



昨夜のちーたんの目。
左目の周りが赤いです。
涙をあふれさせて目を閉じているのも目撃しちゃいました。

この写真を猫友さんたちに見せて
「もう獣医さんしまっているんだけど、たたき起こして連れてっていいだろうか?それとも夜間診療のところに連れて行くか?いや、明日まで様子を見たほうがいいかな?」

・・・以前にもお目目を痛い痛いしたことのあるちーたん。
あの時はもっとひどかった。

念の為獣医さんのサイトを見ると交通事故とか緊急時の連絡先や対応の仕方なんかは書いてあるけど・・・。
流石に目が赤いという理由でたたき起こすのはどうなんだろう。
自分でもそう思っていたら。

→冷静な友人
「明日にしなされ」(きっぱり断言)

→優しい猫友さん
「うちだったら様子見かしら?ちーたん心配してもらえて幸せね」
(ありがとうございますありがとうございます、お馬鹿な私に言葉を選んでくださってっ)

いずれにしても夜中に獣医さんに連れて行くほどではないと判断。

翌朝。



・・・あんまり変わってないねぇ。
っちゅーか、寝起きだからかしらねぇ?

んでもって獣医さんに電話。
点眼薬にもいろいろあるからかえって症状を悪くさせるわけにいかないので、本猫を診ないでお薬は出せないとのこと。
それと、ちーたんは元気がいっぱいなので、AHTさん(動物看護士さん)の人数いるときでないとあばれて診察難しいからできたらAHTさんの多い時間帯に来てね、とのことで。

結局今日獣医さんに行ってきました。

はい、前の時と同じく角膜に傷がついていました〜。(;_;)

しばらく点眼治療です。
嫌われちゃうなぁ・・・。

ちなみに、私が通っている獣医さんのところはおそらく固まっちゃう猫ちゃんが多いだけで、別にちーたんが暴れん坊なわけではないと思いますっ。
お目目が痛い時に点眼されて検査されるんだもの。(傷のところが色でわかるような点眼されるんです。)
痛いし染みるよね。暴れちゃうのは仕方ないと思うの。
ぐったりしている方が心配なので、まぁ、暴れん坊と言われてもその方がいいや、と、思うことにしています。
・・・じゃなくて、おとなしいいい子だよ!本当に!(笑)

そして今日一番ショックだったのは。
ちーたん体重減って、3.6キロになっておりました(涙)。
一時は4キロだったのにー!一割も減っちゃった!!

頑張って食べさせなくてはっ!!

シャンプーや予防接種は目の方が落ち着くまで延期ですが、ご飯はしっかり食べてもらおうと思います!!

 


09.03
Tuesday
2013

今日は久しぶりに獣医さんでトリミングをお願いしました。
予防接種や健康診断、診察などでは時折足を運んでおりましたが、シャンプーをお願いするのは1年以上ぶりです。

ちーたんのシャンプーをはじめとしたお手入れは極力おかーたん(私)がやりますが、どうしても黒ニキビみたいなのができたり、どうしても私では手におえない毛玉ができちゃったりすると獣医さんで併設?しているトリミングルームでトリマーさん(AHTさんでもあると思う)にお願いしていました。

が、今回は1年以上あいていまして(^_^;)。

中途半端な毛玉ができていてほぐしきれないままシャンプーするとかえって固まってよくないんで、ちゃんとプロに年に何度かはお願いした方がいいと思っていたんですけどね〜。
ずるずると伸びてしまい、やっと今日きれいにしていただけました。



帰ってくるなりおやつに突進。
当然のようにおやつを用意してもらえるものだとご飯台の前で待機されました(笑)。

写真ではよくわからないかもしれませんが、プロにやっていただいてとてもすっきりして帰ってきました。これで次回からは心置きなくおかーたんも熱心にシャンプーできるというものです(笑)。


実は。
ブログでは報告していなかったと思いますが、ちーたん、腎臓があまりよくありません。
避妊手術の前の血液検査のころから指摘されていて、でも成長期だったこともあって、獣医さんに相談しながら検査を負担にならない程度にこまめにすることで対応していたのですが。

腎臓の検査を血液でできるようになったからとちょっと念入りな検査をしたのが二年くらい前でしょうか?
その際、ちーたんの腎臓で正常に機能している割合は34%。66%は機能していませんでした。

当時はショックでしたけれども、その後、それ以上悪くなることもなく。
通常は腎臓用のごはん(カリカリ)ですけれども、たまにはおやつをあげる生活をしています。ちゃんと腎臓の数値はそれ以上悪くなることもなくキープできていますので、このまま継続して元気に過ごせればそれでいいや。早くわかったのだから気を付けることができる、対応することができる、と、むしろわかってよかったと思っています。

だから、4キロになっても、現状維持を心掛けないといけないんですよね。
腎臓のごはんが嫌だって食べなくなったり、腎臓が悪くなったりすると、あっという間に痩せてしまうから。
なんだかんだで腎臓ごはんに切り替えても4キロになってくれて、嬉しかったこと(笑)。



スマフォでぱちり。
トイレ前の、一番涼しい風が通るところで休憩しています。

可愛い可愛い可愛い。


そんな腎臓のこともあってか、ここ2年くらいちーたんにすんごく甘かったかもしれません。(それ以前から甘かったかもしれないけどーっ)と、一応言い訳をしておく。

今日、トリマーさんに

「これ以上暴れるようになるとうちではお受けできなくなります。」

って言われちゃいました(号泣)。

いやまぁ、おかーたん頑張るけどさ。
これから年齢を重ねれば重ねるほどストレスは大敵だろうからさ、極力おかーたんが頑張らないといけないと思っていたけどさ。
以前は、とってもいい子ですよ〜って言われてたのにぃぃ(号泣)。
やはり1年ぶりがいけなかったのか(大汗)。

おかーたんが甘やかしすぎたのか。

いやはや、反省です。
もう、おやつの盗み食いもさせないぜ。(たっぱーを段ボールに詰めてから棚に仕舞ったよ!)

急な変化はちーたんにストレス与えるかもしれないからちょっとずつだけど。
色々反省しようと思います。


09.25
Tuesday
2012

 ちーたん、その後、普通に元気です。



「おくちゅり、好きじゃありまちぇん」

・・・最初の日は逃げていたお薬ですけれども、まぁ、好んで飲みはしませんけど、受け入れてくれるようにはなりました。

そういや、写真とるのすっかり忘れていたけど、動物用のお薬なんですけど、お薬のシートの肉球が印刷してあったりして、ちょっとかわいかったです。

で、お薬を処方された時の動物病院でのこと。先生が。

「あ、そうそう、お薬飲ませたあと、お水も飲ませてね。食道いためるとよくないから。」

は!?
え?お水??錠剤をごっくんさせたあと、お水で流しこむというか、後からお水も飲ませるといいそうな。たまに食堂に薬が残ったりして、吐き出すならまだしも(いや、それもよくないんだけど)それが食堂を傷める可能性があるそうな。

あー、たしかに人間も薬はコップ一杯の白湯で飲むといいっていうけど。

・・・なんて思っていたら、お水を飲ませるシリンジくれました。



「おかーたん、お水くれるのへたくそでちゅ。」


・・・すみません。

えー、先生あたしにはハードル高いよぉぉぉ(涙)。
なんて、思っていたけど、この先何があるかわからないし、できることならやってみようと思ったのですが。

今まで私、ちーたんに錠剤のお薬しか飲ませたことないし、ミルクやお水をシリンジであげたこともないので、そりゃもー、不慣れ不慣れ。
最初はこぼしてちーたんの口の周りにお水噴出したりしちゃったよー。



「もー、あたちがオトナになってあげないとだめでちゅね。」

・・・すみません。

そんなわけで、すっごく嫌そう〜〜〜〜な、お顔はするけど、隙があれば逃げようとは思っているんだろうけど、嫌なことはさっさと済ませてよ的なちーたん。それなりにおとなしくお口の中に薬を放り込ませてくれるし、ちゃんとごっくんしたあと、そのままシリンジを口元に持っていくとごっくんごっくんしてくれるいい子ちゃんになりました。

すんません、おかーたん、ちーたんのおかげでなんとか獣医さんに報告できておりまする。



「ご褒美のおいちいもの、期待してまちゅからね?」

・・・はい。
完全に治ったらね。^^;

いやもう。
出来の悪いおかーたんのところには出来のいい子が来るように世の中なっているんだな、と、しみじみ親馬鹿感じているところでございまする。

ちーたん、ありがとうね。

皆さんも、お薬はお水で飲みましょう。


09.21
Friday
2012

今日は病院デーとでも申しますか。
ちょっとばっかし検査することがありまして、何年かぶりにMRIとってきました。

以前にも検査でMRIにはいったことあるんですけどね、記憶以上にうるさかったです(苦笑)。
そんでもって、今日行った病院ではMRIの時にヘッドホンつけてくれるんですけどね(※以前は脳みそのMRIだったせいか、ヘッドホンなんかなかった。別の病院だったし。)そのヘッドホンから流れる曲が、なんか聞き覚えある・・・。
オルゴール曲だけど、聞き覚えある・・・。ええと・・・「わたしの〜おはかの〜まーえでー、泣かないでください〜〜〜そこに〜・・・・」・・・。わかった。あの曲か。(-_-;)
名曲だと思うけど、病院の選択肢としてはどうなんじゃろか?

ま、うるさくてほとんど聞けなくて。
耳栓の方がいいんじゃない?って思ったくらいなんでいいんですけどね。



そこに箱があれば。



猫は入る。

・・・ちーたんは狭い場所大好きだけど、おかーたんはあそこまで狭いところは好きじゃないかもしれない〜。別に恐怖症とかはないけどさー。あんまり快適じゃなかったなぁ。寝てもいいですよーって言われたけど、眠れなかったわー。

結果は後日。


そして、どうしようかと思っていたけど、検査だけだったのでスムーズに帰れて時間があったので、ちーたんも動物病院に行ってきました。

私はどーしても心配性で、つい、すぐに病院に連れて行きたくなってしまうのですが、猫にとってはそれはとてもストレス。なので、かかりつけの先生からは、いつでも電話してくれていいから、って言っていただいています。
緊急の時はちゃんと先生がいるのを確認して連れて行く意味もありますし、連れて行くような内容かどうかの時には、電話で相談にのってくれたりします。

以前、「ちーたんが、あたしにすごく甘えるんですっ!」って、マジで心配になったときにもちゃんと電話で応対してくれたいい先生です(苦笑)。

今回も先生に相談していたんですけど、直接診ていただいた方がいいという結論になったので連れて行きました。

軽い膀胱炎、でした。

幸い、石も見つからなかったし、膀胱が大きくなるほど尿がたまっているということもなく、多分、排尿痛があったかもね、という程度だったのですが、症状が軽いうちに、抗生物質をいただいてきました。朝晩半錠。今夜の分は、お注射でちっくんしてくれました。



「ひどいでちゅ。ちっくんされまちた・・・。」

抗議の?ふて寝中。
でも、ダイニングテーブルにいる私のそばで寝ています。
なんとなく、体調が悪いときっていうのは、ちょっと甘えん坊になったり、近くにいたりする気がします。気のせいもあると思うけど。
本当の本当にしんどい時はどこかに隠れちゃうんだろうけど。

今回も、トイレの回数が多いのと、トイレの時に妙な鳴き方をするのが決め手になりましたけれども、若干私との距離が近く感じたのが最初の違和感でした。^^;

あと、ちーたん、うちの子になってからずっとなんですけど、トイレの後、お尻を見せに来るんですよ(笑)。いまだに。
おかーたんは猫ではないので、なめてきれいにしてあげられないんですけどね、一応さわって「きれいきれい」って言えば、それでOK。本当に汚れがあると、見せるだけ見せて逃げようとするので、捕まえて、お尻ふきふき。

それが功を奏したといっていいのかどうかわかりませんが、お尻を見せに来る回数が多いし、お尻がちっこで少し濡れてたこともあったので・・・。

抗生物質を飲んでもらいながら、ちっこをできれば2〜3日おきでいいから採取して、それを獣医さんに届けるのがおかーたんのこれから一週間のお仕事です。
ちっこで症状がわかるから、問題なく治れば、ちーたんはこれ以上獣医さんに行かずに済む予定。そうなって欲しいな。


これだけ早く見つかってよかったと先生には言われたけど、膀胱炎の原因がわからなくてちょっと悩んではいます。

夏の疲れがでたんですかねぇ?

あと、ちょっとここ最近工事の音がうるさかったりしたので、平気そうに見えていたけど、ストレスだったのかなぁ?(マンションの改装工事なのでどうしようもないのです。)


あ、でも、ひとつだけいいことが!
ちーたん、3.7キロになってました!!
年末には 3.4キロだったのに!!嬉しい!

獣医さんにもこれくらいあっていいよって言われているので、なんとかこの体重をキープできたらな、って思います。

さー、明日は早起きして久々の投薬です!
避妊手術後以来のお薬ごっくんかな。頑張ります!!


07.09
Saturday
2011

 今日、ふと気付いたのですが。
ちーたんの首筋。顎の左下の方にちょっとかさつく感じ。
深い毛をかき分けて、かさつきの原因を探してみたらば、2センチ四方位毛が薄くなっていて、その中の一部、1センチ×5ミリ位の部分が、かさついていました。

明らかに色が変わっているっていう感じではなかったけれども、かすかにピンク。
そういえば首のあたりをかしかし後ろ足で掻いていたとは思うけど、もしかしたら頻度が高かったのかも。注意不足だった。反省。

かさぶたというほどではなくて、ちょっとかさついている程度だと思うのですが、もしかしてもっと酷かったものが治ってこうなのかしら?とか、しばし悩み。

そして、獣医さんに連れていくべきか、これまたしばし悩み。(^_^;)

明日もう一度患部を見てから決断しようと思いました。
幸い、明日は午前中しか用事が無いので、午前の部には間に合わないけど午後なら連れて行けるし。


なんだろー。
急にアレルギーにでもなったのかな?
考えすぎ?

こんな、考えて悩むくらいなら、さっさと獣医さんに連れて行けっていう感じですが、そこは猫。
獣医さんに行くこと自体がとてもストレスのはず。
かといって毛深いし、場所が場所なのでうまいこと写真も取れず。

以前にも似たような事があったけれども(その頃は猫飼い1年未満だったのでとにかく不安で連れて行っちゃったけど。)その部分のフケなり毛なりをちょこっと取って、真菌とかの検査をされただけで、特に治療するほどではなかったのですな。(真菌とかも出なかったし。)原因がわからないからアレルギーも一応疑って、アレルギー食に変えたけどそれも特に異状なしで。

連れて行ってもちーたんに負担をかけて何もなかったということも大いにありうるし。ましてや今回は前に獣医さんに連れて行った時よりももっと大したことないわけで。


これくらいの場合、自然治癒を待つ方がいいのか、獣医さんに連れて行ったらいいのか、本当に悩みます。

とりあえず今回は明日患部を見て。
獣医さんに電話で様子を伝えて診察すべきか判断を仰ごうかと思っています。

幸いかかりつけの獣医さんまでの距離は、徒歩でとても近いので。熱中症になったりとかの心配は少なくて済むけれども。キャリーに入れるだけで嫌がってメッシュのところで鼻をすりむきそうになったことも(苦笑)。そうなったら本末転倒なので、本当に悩みます。(^_^;)


11.19
Friday
2010

現在我が家の室温は21度。この辺りが限界のはぎのです。
20度になると、暖房が恋しいです。

もっふもふなちーたん。
寒さなんてものともせず、元気に遊んでいるんでいます。
私が相手しなくても走り回っているのですが・・・



遊び道具をちょいと避難させておいたら、そこに居座るちーたん。
それはおかーたんに「遊べ」という抗議かい?



くぅ。
そんなに愛らしいお顔で見つめられたらたまらんじゃないかっ。
遊ぶよっ!遊ぶってば!!!



遊びはさておき。(いや、関係あるのかもしれないけれども。)

最近、ちーたんのちっち玉が小さい気がします。

ご飯をカリカリオンリーにしてから、お水を飲む量はむしろ増えているのですが、何しろちーたんはお水を飲むのが下手なので(いつも首回りのフリルのところを水浸しにしてしまう。)、お水が減った量=飲んだ量では無いのが難しいところ。

客観的には必要量と思われる量は充分飲んでいると思ったんですけれども、ちっち玉はそれに反して小さい気がするのです。うーん。

どうしても夏は暑いから沢山飲んで、沢山出していたのかなぁ?

うーんうーんうーん。

もう少し、ちっち玉が大きいと、なんとなく安心なんだけど、どうしたらいいのかしらん?

いちばん手っ取り早いのは、ウェットフードで水分を多めに取ってもらうことなのでしょうけど。それをする前に何か手段が無いのか、ちょっと悩んでいます。
またたび茶という手も試してみるべきか・・・。

ほんの少し、ほんの少しなんですけどね。
今日だけかな?って思うのが何日も続くと、なんとなく不安になります。

ちょびっと、ちーたんにお水を多めに飲んでもらって様子をみてみたい今日この頃。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ


※ちっち玉・・・うちは固まるタイプの猫砂なので、ちーたんのちっこで出来た猫砂の固まりを、ちっち玉と呼んでいます。健康のバロメータ・・・だと思っているのです。


07.24
Saturday
2010

今日は本当は花火を見に、夢子さんとgomaっちが遊びにきていたのですが、なんだか、またもや物を食べる日になってしまい、いろんな食料をつまみに、TV観賞に終わってしまいました。

そんな中、夢子さんたちとは楽しく遊ぶんだけれども、なんとなくおかーたんにつれないちーたん。

何か怒らせたかなぁ〜〜なんて思っていたら、けほけほ咳をしだして、夢子さんたちを驚かせていました。

毛玉かな?

そう思ったけど、なんとなくいつもの毛玉を吐くときのちーたんの咳とは違う気もして(毛玉を吐くときは、けほけほというより、コホコホというような、喉の奥から絞り出すような咳をしている気がします)、ちょっと心配になってしまいました。

大丈夫かなぁ?



夢子さんは咳だけでかなりびっくりしていたけれども、私としては、毛玉が出ないことの方が怖いです。毛玉がでてくれればいいのですが・・・。
さもなくば、何か別の原因かなぁ?
私の気付かないところで何か誤飲したとか?
それとも、何かを吐きたいのではない原因が????

謎です。
心配です。

夢子さんが猫じゃらしを振れば、飛び付く元気もあるし、ご飯もお水も口にしてくれるので、一応今晩は様子を見ます。様子が変なら明日の朝、獣医さん、かな。
24時間やっている獣医さんもあるのですが・・・今すぐそこに連れて行かなくても大丈夫だと、思いたい・・・。

ただの毛玉でありますように。

ぽちするとブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ